日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

へき地住民の健康増進に関する研究等

 事業名 へき地住民の健康増進に関する研究等
 団体名 地域社会振興財団 注目度注目度5


 

テムにおける分子遺伝学的背景、Rh抗原の発現機構などについて検討を行った。

 

【材料および方法】
健常人ボランティアよりインフォームドコンセント下にヘパリン加採血を行い、Rhシステムの表現型を血清学的に判定後、網赤血球ならびにバフィーコートからそれぞれ全RNAならびにゲノムDNAを分離、抽出した。なお、全RNAは Total RNA separaton kit(Clontech Lab.Inc.,米国)により、そしてDNAはSambrookら5)の方法に従い抽出した。同様に、−D−2例、Rhnull1例についても、全RNA、DNAの抽出を行った。
全RNAを用いて、reverse transcriPtion−polymerase chain reaction(RT−PCR)法により、RHD、RHC五、RH50糖蛋白cDNAを増幅した。RT−PCR法は、Gene Amp RNA PCR kit(Perkin Elmer Cetus、米国)を用い、各プライマーならびにPCR条件は既出の方法に従った3,6−9)。
RT−PCR産物は、ジデオキシ法10)による直接シークエンスを行うとともに、TA cloning kit(In−vitrogen,米国)によりPCRTM?Uベクターにサブクローニングした後、シークエンスを実施した。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,266位
(32,450成果物中)

成果物アクセス数
7,682

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月1日

関連する他の成果物

1.「へき地住民の健康増進に関する研究等」の報告書
2.外海小型離島における地域資源の活用による産業立地の可能性と雇用機会の拡大に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から