日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

へき地住民の健康増進に関する研究等

 事業名 へき地住民の健康増進に関する研究等
 団体名 地域社会振興財団 注目度注目度5


 

研究の概要

 

当財団は、財団法人日本船舶振興会(日本財団)からの補助を得て「へき地住民の健康増進に関する研究等」の一環として、脳血管障害、貧血症及び悪性腫瘍の発生原因の検索とその早期診断などのテーマの下に調査及び基礎的研究を行ってきたが、同時に地域医療とへき地医療のあり方に関する研究を行ってきた。また、へき地医療関係職員に対する研修事業として、へき地医療に関する各種資料の収集、研修会の実施等へき地医療関係職員の能力開発と質の向上を図ってきている。
平成8年度の研究では、「へき地医療の実態調査と好発疾患の発生機序に関する研究」を主要テーマに研究を行った。
いずれの研究においても、地域住民の生活現境および医療の実態についての調査活動と並行して基礎的な問題についての研究も行った。
調査活動の対象地域は、北海道から沖縄県に至るほぼ全国的な規模にわたり、とくに自治医科大学を卒業した医師が勤務する診療所等を中心に行った。
研究においては、地域における妊婦の出産に対するニーズの調査、へき地診療所における超音波診断の支援−画像データの転送による読影・診断補助−、民間療法に対する意識調査、患者のQOLを高めるための「在宅ケア適応スコア」の開発、地域における発達障害児の早期発見と診断法の確立、心原性脳塞栓症の病態と予防に関する臨床的研究など幅広く取組み、基礎的総合的な研究を行った。
以上の研究のほか、へき地医療関係職員を対象とした研修を積極的に行い、知識及び技術水準の向上を図った。
これらの成果を、?@へき地医療の実態調査と好発疾患の発生機序に関する研究、?A保健・医療・福祉関係職員に対する研修及び地域住民に対する健康問題に関する啓発活動に分けてまとめたのが、本報告書である。この報告書によって、我が国のへき地における住民の健康管理と保健医療活動の問題点が遂次明らかにされ、それぞれ解決されていくものと期待される。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,270位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
7,339

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.「へき地住民の健康増進に関する研究等」の報告書
2.外海小型離島における地域資源の活用による産業立地の可能性と雇用機会の拡大に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から