日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

タイ国国鉄バンコク?チェンマイ間速度向上計画予備調査報告書

 事業名 海外における鉄道技術セミナーの開催
 団体名 海外鉄道技術協力協会 注目度注目度5


 

5・2 線区輸送サービスの進展

新しい昼間特急サービスの数本規模の増加は、バンコク寄りの通勤輸送に配慮を要するが、当面のところ上記のごとくダイヤ構成に大きな問題はない。

しかし、北線輸送の全体をいま一段安定したものとし、また広く柔軟な対応力を持つことが、時間短縮サービスの効果発揮のため望ましい。またこれは単に昼間特急のためばかりでなく、線区全体の輸送サービスレベルを順次向上してゆくためにも、効果が大きい。

(1)運行管理の充実

列車運行の乱れとなる事故のうち、その大宗を占める機関車故障と踏切事故については今後予定の機関車の置換え、工場の移転改良、踏切PR対策、軌道強化等により、相当の低減を図ることが期待される。

これと併せて、発生した乱れが早期適切に収束され、最小限の影響に止めるよう、運行管理の充実が望ましい。列車の運行状況を広くつかみ、先手で有効な列車変更手配ができるよう、列車監視盤ないしCTCの逐次の整備が有効と考えられる。

(2)段階的な時間短縮

昼間特急の新しいサービスを有効に発揮してゆくため、次のようなことを考慮し、段階的に時間短縮を実施することが求められる。

これも単に高速走行に対処するばかりでなく、北線全体の輸送業務について、内容を向上する方向で進めてゆく。また鉄道の役割について、広く社会が認識を持ってもらう機会となるよう配慮する。

(a)高速走行の物理的な安定の確保

(b)一高速化や関連する各種の輸送業務の変更、習熟

(c)高速走行に対する沿線通行者、生活者等の適応

(d)新しい時間短縮サービスの利用に関し、PRとニーズヘの適合化

(3)線区輸送サービスの向上

複線化や軌道強化による輸送力の整備は、国の基幹輸送のため、種々の広い役割を果たすべく進められている。

これらの輸送力を活かして、線区ごとの実状に適合する施策を検討し、全国的にも調和のとれた、線区輸送サービスを順次提供してゆく必要がある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
883位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
11,006

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.REPORT ON THE PRELIMINARY STUDY OF THE PROJECT FOR THE CONSTRUCTION OF A NEW TRANSPORT SYSYTEM IN CAPE TOWN IN THE REPUBLIC OF SOUTH AFRICA
2.PRELIMINARY STUDY ON STATE RAILWAY OF THAILAND NORTHERN LINE TRANSPORT TIME REDUCTION
3.SEMINAR ON RAILWAY MODERNIZATION IN MYANMAR
4.SEMINAR ON MODERNIZATION OF RAILWAY TRANSPORT IN CAMBODIA
5.「海外における鉄道技術セミナーの開催」の報告書
6.平成8年度「高密度輸送の快適化の研究」事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から