日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

輸出船市場調査研究報告書 エリア17(ノルウェー・スウェーデン・フィンランド・デンマーク)

 事業名 中型造船業における国際協力
 団体名 日本中小型造船工業会 注目度注目度5


デンマーク造船業も、2次にわたる石油危機以来の長期不況の中で、幾つかの造船所は閉鎖し、規模の縮小を余儀なくされてきた。
しかし、他のEC造船諸国と比較すれば、国内需要の喚起などにより、かなり安定した仕事量を確保することに成功してきたといえる。
次の表が示すように、最近の新造船受注動向を見ても、1986年以降コンスタントに年間20万G/T以上、1990年は約134万G/T,1993年は約81万G/Tの受注を継続しており、常に60万G/Tを超える手持ち工事量(約2年分の仕事量に相当)を確保している。
この結果、デンマークの造船業は生産面においても技術面においても、比較的健全な体制を維持しており、現在では西欧建造諸国の中でも最も競争力があると評価されている。
経営的にみても、最近の船価水準であれば、デンマークと他の西欧造船諸国との間に、日欧ほどの決定的な価格差はなく、助成なしでなんとか対応できると思われるが、他国が政府助成を続ければ価格競争を強いられることになろう。
最近におけるデンマーク造船所の新規受注状況は、次の通りである。
 
 
なお、船種別新規受注状況(93年1月〜12月)をみると、次の通りである。
 
 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,640位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
6,072

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.輸出船市場調査研究報告書 エリア1(シンガポール・インドネシア)
2.輸出船市場調査研究報告書 エリア2(タイ・マレーシア・シンガポール)
3.輸出船市場調査研究報告書 エリア3(インド・パキスタン・パングラデシュ・スリランカ)
4.輸出船市場調査研究報告書 エリア4(インドネシア・フィリピン)
5.輸出船市場調査研究報告書 エリア5(太平洋諸島含パプアニューギニア)
6.輸出船市場調査研究報告書 エリア7(トルコ)
7.輸出船市場調査研究報告書 エリア8(エジプト・リビア・アルジェリア)
8.輸出船市場調査研究報告書 エリア9(チュニジア・モロッコ)
9.輸出船市場調査研究報告書 エリア10(メキシコ・グァテマラ)
10.輸出船市場調査研究報告書 エリア11(コロンビア・ベネズエラ・トリニダードトバコ・エクアドル)
11.輸出船市場調査研究報告書 エリア12(ペルー・チリ・アルゼンチン・ウルグアイ・ブラジル・パラグアイ)
12.輸出船市場調査研究報告書 エリア13(ロシア・中国)
13.輸出船市場調査研究報告書 エリア14(オーストリア・ブルガリア・ハンガリー・ポーランド・ルーマニア)
14.輸出船市場調査研究報告書 エリア15(フランス・オランダ・ベルギー・英国・ドイツ)
15.輸出船市場調査研究報告書 エリア16(イタリア・スペイン・ポルトガル)
16.輸出船市場調査研究報告書 エリア18(セネガル・モーリタニア・カナリー諸島・リベリア・ガーナ・ナイジェリア)
17.輸出船市場調査研究報告書 エリア19(シェラ・レオーネ・コートジボアール・ギニア)
18.輸出船市場調査研究報告書 エリア6(サウジアラビア・クウェート・アラブ首長国連邦・オマーン)
19.輸出船市場調査研究報告書 エリア20(スーダン・ケニア・タンザニア・南アフリカ共和国・マダガスカル<付レユニオン>)
20.輸出船市場調査研究報告書 エリア21(ニュージーランド・オーストラリア)
21.「中型造船業における国際協力」の報告書
22.災害防止マニュアル 職種別?溶接編?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から