日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

品質管理指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


 

上の駆動馬力を必要とする発電機(非常電源の用に供するものを除く。以下2において同じ。)及び第1種補機の動力伝達装置及び動力を伝達する軸にあっては、動力伝達装置の重要部分、スラスト軸、中間軸、プロペラ軸、発電機及び第1種補機に動力を伝達する軸、軸継手、軸継手ボルト、プロペラ羽根並びにプロペラ羽根取付けボルト(軸継手及び軸継手ボルトにあっては、船舶の推進のために必要な動力伝達装置及び推進軸系に使用されるものであって、シリンダの径が450mmを超える内燃機関並びに蒸気タービン及びガスタービンに用いるものに限る。)

 

(ハ) 管装置にあっては、最高使用圧力10kg/cm2をこえる蒸気管、給水管、ボイラの吹出し管及びこれらに取り付けられる最高使用圧力25kg/cm2又は最高使用温度350℃を超える弁、コック及び管取付け物
(◆法 ハi)(イ)1)に掲げる排気タービン過給機以外の排気タービン過給機の重要部分
(?法‖?種ボイラの重要部分
(ぁ法‐?げ断?鮎?と?諺?峙擇啾?種圧力容器並びに第2種圧力容器の重要部分(胴板の板厚が16m以下のもの及び小型ボイラ等に該当するものを除く。)
(ァ法ゞ?抃彁擦砲?い萄猯訴篝気?圓錣譴疹豺腓療?塞?ャ
(Α法.▲襯潺縫Ε狎墜疾修離廛蹈撻蕷?ャ
(А法,修梁彰紐ご営??惻┐垢襪發ホ
(2) 非破壊検査
( 法‖?種ボイラの圧力を受ける部分に用いる鋳鋼品は、すべての箇所について非破壊検査を行ったものであること。
(◆法 ハ 砲坊任欧襪發里里曚?◆ハ1)( 砲?蕁ハ─砲泙任坊任欧襪發里僚斗徂??僕僂い觝猯舛蓮??廚鳳?姑麈鵬?〆困鬚?海覆辰燭發里任△襪海函」
(3) (1)に掲げる動力伝達装置であって、推進用の減速歯車装置の小歯車及び歯車リムは、必要に応じ硬さ分布測定を行ったものであること。
(4) (1)に掲げる蒸気タービンの蒸気の入口温度が400℃を超える推進用の一体形タービンローター(溶接構造のものを含む。)は、荒削り熱処理後又はその後の適当な時期に加熱計測試験を行ったものであること。
3. 補修
試験又は検査中に欠陥を発見した材料については、管海官庁がこれを使用する機関の強度に対する影響が軽微であると認めた場合に限り、次に掲げるところにより補修して差し支えない。
(1) 圧延形鋼及び圧延鋼板
熱間圧延形鋼については、JISG3192「熱間圧延形鋼の形状、寸法、重量及びその許容

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
39位
(33,792成果物中)

成果物アクセス数
244,966

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月23日

関連する他の成果物

1.無線工学の基礎テキスト
2.整備物件管理システム操作手順書
3.舶用機器修繕工事管理者指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
5.膨張式救命いかだ整備技術指導書
6.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
7.GMDSS救命設備整備技術指導書?第1部?
8.GMDSS救命設備整備技術指導書?第2部?
9.GMDSS救命設備整備技術者技量認定試験問題集(平成3年度?平成7年度)
10.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
11.舶用ディーゼル主機関軸系のねじり振動に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から