日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

品質管理指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


 

二 圧力計測装置を監視しやすい位置に備え付けたものであること。
2 船舶の推進に関係のある内燃機関の始動にに用いる圧縮空気の管装置は、次に掲げる基準に適合するものでなければならない。
一 空気圧縮機からの吐出管は、専ら空気タンクに導かれたものであること。
二 空気主管を内燃機関からの火炎の逆流から保護することができる箇所に逆止め弁を備え付けたものであること。

〔心得〕
64.2(a) 第2号の逆止め弁は、始動用空気管の機関入り口に取り付けられていること。
(制御用圧縮空気に係る補機及び管装置)
第65条 機関の制御に用いる圧縮空気に係る補機及び管装置は、次に掲げる基準に適合するものでなければならない。
一 空気タンク及び空気圧縮機は、機関の制御に必要となる十分な圧縮空気を供給できるものであること。
二 空気タンクは、前条第1項各号に掲げる基準に適合するものであること。
三 制御に用いる圧縮空気管以外の圧縮空気管と接続する場合は、機関の制御に支障を及ぼすことのないように適当な措置が講じられたものであること。
〔心得〕
65.0(a) 計測又は制御用の空気圧装置に用いる圧縮空気源は、主機の始動に有害な影響を及ぼさない場合に限り、主機として用いる内燃機関の始動用のものと兼用して差し支えない。
(b) 機関の制御については、附属書〔12〕「機関の制御」によること。
(c) 燃料油タンクの非常遮断弁及び消火ポンプの海水吸入弁の遠隔操作装置については、附属書〔11〕「補機及び管装置」によること。
(d) 第3号の規定を適用できる場合は、管海官庁が適当と認めた場合に限る。
第66条〜第77条 省略
(ビルジポンプ)
第78条 長さ25メートル以上の船舶には、ビルジを船外に排出するための十分な能力を有する2台の動力ポンプを備え付けなければならない。この場合において、当該動力ポンプのうち1台は、独立動力ポンプとしなければならない。
2 長さ25メートル未満の船舶には、ビルジを船外に排出するための十分な能力を有する動力ポンプ及び手動ポンプをそれぞれ1台ずつ備え付けなければならない。
3 第1項の独立動力ポンプは、速やかにビルジの吸引を開始することができるものでなければ

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
39位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
245,532

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.無線工学の基礎テキスト
2.整備物件管理システム操作手順書
3.舶用機器修繕工事管理者指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
5.膨張式救命いかだ整備技術指導書
6.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
7.GMDSS救命設備整備技術指導書?第1部?
8.GMDSS救命設備整備技術指導書?第2部?
9.GMDSS救命設備整備技術者技量認定試験問題集(平成3年度?平成7年度)
10.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
11.舶用ディーゼル主機関軸系のねじり振動に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から