日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

品質管理指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


 

(イ) 多軸船であって各軸に主機及び動力伝達装置を備え、かつ、各主機及び動力伝達装置に潤滑油ポンプを備えたもの
(ロ) 1軸系に独立した軸系を駆動することができる主機を2以上有し、かつ、各主機に潤滑油ポンプを備えたもの
(ハ) それぞれに潤滑油ポンプを備える2以上の主要な補助機関を有し、その1を使用しない場合においても、発電機又は第1種補機の駆動に支障がないもの
(5) 主機、推進のために必要な動力伝達装置、主要な補助機関(発電機及び第1種補機を駆動するものに限る。)及びこれに附属する冷却器の冷却水管装置は、動力によって駆動される正副2個の冷却ポンプ(循環ポンプを含む。)を備えたものであること。この場合において、正冷却ポンプは、連続最大出力時において十分に冷却できる容量を有するものであり、また、副冷却ポンプは独立動力のものであること。
なお、冷却が海水で行われるときにあってはバラストポンプ又は雑用ポンプが、清水で行われるときにあっては清水ポンプまたは海水ポンプが、油で行われるときにあっては油ポンプがそれぞれ適当に配管されている場合は、これらのポンプを副冷却ポンプとみなして差し支えない。また、次のいずれかに該当する場合は、本項の規定を適用しない。
( 法ー腟 ⊃篆覆里燭瓩防?廚米偉賄礎A?嵋瑤麓舁廚癖篏?ヾ悗?以上備えている船舶で、それぞれの機関に正冷却ポンプが内蔵されている場合であって、ポンプの完備品を1組備え、故障の際にも容易に交換できる場合
(◆法…垢オ30m未満の船舶の場合
(?法…垢オ30m以上50m未満の船舶であって主機推進のために必要な動力伝達装置及びこれに附属する清水及び潤滑油冷却器のための副冷却ポンプを備える場合
(ぁ法ゝ?イ鉾?┐?,000馬力未満の機関の場合
(ァ法/綯耆秡ァ∧真絛莪茲鮃匚垓莪茲箸垢訌デ?擇喙,坊任欧襪い困譴?料デ?扮莖ざ莪茲鮃匚垓莪茲箸垢襪發里妨造襦?砲鉾?┐觴腟 ⊃篆覆里燭瓩防?廚米偉賄礎A?峙擇喙舁廚癖篏?ヾ悗両豺?/BLOCKQUOTE>
(イ) 多軸船であって各軸系に主機又は動力伝達装置を備え、かつ、各主機又は動力伝達装置に冷却ポンプを備えたもの
(ロ) 1軸系に独立した軸系を駆動することができる主機を2以上有し、かつ、各主機に冷却ポンプを備えたもの
(ハ) それぞれに冷却ポンプを備える2以上の主要な補助機関を有し、その1を使用しない場合においても、発電機又は第1種補機の駆動に支障がないもの

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
39位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
249,111

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月14日

関連する他の成果物

1.無線工学の基礎テキスト
2.整備物件管理システム操作手順書
3.舶用機器修繕工事管理者指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
5.膨張式救命いかだ整備技術指導書
6.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
7.GMDSS救命設備整備技術指導書?第1部?
8.GMDSS救命設備整備技術指導書?第2部?
9.GMDSS救命設備整備技術者技量認定試験問題集(平成3年度?平成7年度)
10.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
11.舶用ディーゼル主機関軸系のねじり振動に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から