日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

品質管理指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


 

(船尾管装置等)
第37条 船尾管装置その他軸が船舶の外板を貫通する部分に備え付ける装置であって潤滑のために油を使用するものは、漏油を防止するための措置が講じられたものでなければならない。
(支面材)
第38条 船尾管後端部及び張出軸受内面上部とのすき間は、軸に過大な曲げ応力が生じないように支面材が調整されたものでなければならない。
〔心得〕
38.0(a) 船尾管後端部又は張出軸受内面上部と軸とのすき間については、附属書〔4〕「構造等の基準」によること。
(海水に接する軸)
第39条 プロペラ軸、船尾管内にある中間軸その他海水に接触する軸は、腐食を防止するための措置が講じられたものでなければならない。
〔心得〕
39.0(a) プロペラ軸の腐食の防止については、附属書〔4〕「構造等の基準」によること。
(継手)
第40条 過大な曲げ応力が生じるおそれのある軸の継手は、たわみ継手としなければならない。
〔心得〕
40.0(a) 貨物油ポンプの駆動軸がガス蜜隔壁を貫通する場合は、ポンプと原動機との間にたわみ継手が設けられていること。
(プロペラ)
第41条 プロペラは、プロペラ軸に堅固に取り付けられたものでなければならない。
〔心得〕
41.0(a)プロペラのプロペラ軸への取付けについては、附属書〔4〕「構造等の基準」によること。

 

第5章 ボイラ及び圧力容器
〔心得〕
(A) 本章の規定のうち第47条第1項、第48条第2項及び第49条の規定以外の規定は、小型ボイラ等に該当するボイラには、通用しない。
(燃焼装置)
第42条 ボイラ(火炎により蒸気を発生させるボイラに限る。以下第48条までにおいて同じ。)の燃焼装置は、次に掲げる基準に適合するものでなければならない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
39位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
243,637

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.無線工学の基礎テキスト
2.整備物件管理システム操作手順書
3.舶用機器修繕工事管理者指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
5.膨張式救命いかだ整備技術指導書
6.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
7.GMDSS救命設備整備技術指導書?第1部?
8.GMDSS救命設備整備技術指導書?第2部?
9.GMDSS救命設備整備技術者技量認定試験問題集(平成3年度?平成7年度)
10.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
11.舶用ディーゼル主機関軸系のねじり振動に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から