日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

品質管理指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


 

講義法、討議法、体験学習法など、その指導法そのものの効率を評価する。
(?法|??戮良床チ
上司の観察や人事考課による方法、さらにテスト、論文、レポートを課する方法などがある。
(ぁ法ヽ萢囘戮良床チ
いくら上手に研修を展開しても、いくら確実に学習し理解したところで、その結果を実際の職務に活用しなければ何の意味もない。そこで活用度の評価をすることが必要となる。この方法としては、上司が実務の中で観察するとか、習得した知識や技能が活用できる仕事を与えることなどが最も効果的である。

 

5.5.4 教育効果を高めるには
(1) 教育に対する認識と参画性
教育に対する職制の認識と参画性を高めるには、キメ細かな教育の実施とともに、教育そのものの権威付けが必要である。そこで企業によっては、教育委員会等で教育計画の審議を行い、その結果をふまえて、トップに答申するという権威付けのステップを採っているところもある。
(2) 階層別教育体系
単に万遍なく教育するというのではなく、階層別に教育ニーズを見定め、教育を計画し実施するという体系的、段階的な教育を行う配慮が必要である。
(3) 教育実施のタイミング
特定のプロジェクトとか、業務上必要に迫られた時に、集中的に実施するのがより効果的である。即ち必要な人に、必要な時、必要な教育を行うのが望ましい。
(4) 参加者の自発性と参画性
( 法〇臆端圓亮???隼臆萓?鮃發瓩觜?廚??廚任△襦?垢覆錣前貶?鵡圈∧垢?司?靴龍軌蕕呂垢阿頬阿?蕕譟??未??覆ぁ?臆端圓?軌蕕忙臆茲靴討い襪伴卒兇任?詈? ⇔磴┐于歛蠧さ鎚?阿箸?▲哀襦璽彳さ弔鯊燭?里蠧?譟?峙舛覆匹肋霾鹹鷆,箸靴読?弸脳?造忙澆瓩襪覆鼻?軌虔?,旅?廚??廚任△襦」
(◆法,泙寝歛蠧さ弔覆匹離董璽泙蓮?召?虱燭┐襪發里茲蝓⊆???嚢佑┠茲瓩気擦襦?垢覆錣遡簑蠅鮗???里發里箸靴洞δ眠修靴燭箸??さ弔紡个垢襯皀船戞璽箸郎嚢發箸覆襦?駑舛箸靴読ス5.5.1事業場の教育体系の例を示した。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
39位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
243,637

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.無線工学の基礎テキスト
2.整備物件管理システム操作手順書
3.舶用機器修繕工事管理者指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
5.膨張式救命いかだ整備技術指導書
6.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
7.GMDSS救命設備整備技術指導書?第1部?
8.GMDSS救命設備整備技術指導書?第2部?
9.GMDSS救命設備整備技術者技量認定試験問題集(平成3年度?平成7年度)
10.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
11.舶用ディーゼル主機関軸系のねじり振動に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から