日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

品質管理指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


 

? 教育担当者(世話係)の行う教育
2〜3年の先輩による職場教育を行う。公私にわたって親近感をもって世話をすることによって、大きな効果を上げることができる。教科書としては、社内規格が最適であり、新入社員への教育効果とともに、教える立場にある世話係の自己啓発にも大いに役立つものである。重要なことは、必ず教育レポートを出させることである。
(3) 一般従業員の教育
技術の進歩に合わせて、常に最新の知識、技術、技能を習得させることは監督者にとって最も重要なことの一つであるが、工程に追われて、教育を忘れがちになることが多い。これを避けるためには、計画と手段が大切になる。
( 法―弦膓軌?/BLOCKQUOTE>
一般従業員には、一定の教室に集めて行う集合教育は効果がうすいので、毎朝行う朝礼の利用がよく、全社的に計画をたて、労務・安全・品質・技術を1週間に1回ずつ必ず行うことが必要で、足並みが揃うと効果的である。教科書は、パンフレットを書いて各職場に配布するとよい。
(◆法/?豢軌?/BLOCKQUOTE>
特に人事異動によって配置転換された従業員の教育が主であるが、工作技術の変更などの場合、マンツーマン方式を採用するとよい。ただし、教育期間を決めることと、終了後レポートを出させると効果が大きい。
(?法ー?膤萋ー
一般従業員の教育では、ZD運動、VA活動、QCサークルのようなグループ活動が、最も効果があるといわれている。ここで取り上げる主な項目は
? 不良撲滅
? 安全
? モラル(道徳)及びモラール(士気)の向上
? 生産能率の向上
グループの大きさは、5名から10名が適当である。
(ぁ法‘端豕伺酋軌蕁併餝紛軌蕁ヒ
特殊技能教育としては、製造工場として、義務付けられる資格(安全・衛生・公害関係等)取得教育はじめ、個人の資格(技能士等)や技能向上のための教育が必要である。
特に直接製品品質に関係する溶接士および非破壊検査員の教育は大切である。
? 溶接士の技能教育
一般的には社内教育プログラムと各種技量資格取得のための教育とを組み合せて、実

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
39位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
243,637

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.無線工学の基礎テキスト
2.整備物件管理システム操作手順書
3.舶用機器修繕工事管理者指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
5.膨張式救命いかだ整備技術指導書
6.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
7.GMDSS救命設備整備技術指導書?第1部?
8.GMDSS救命設備整備技術指導書?第2部?
9.GMDSS救命設備整備技術者技量認定試験問題集(平成3年度?平成7年度)
10.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
11.舶用ディーゼル主機関軸系のねじり振動に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から