日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

品質管理指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


 

円滑な遂行に適した品質情報システムが適用されるべきである。一方、品質情報システムをその必要性の観点から取り上げると、例えば企業内で起こっている大半の品質問題が純技術的な原因から生じている場合には、末端データの収集に労力を要する品質情報システムよりも個々の品質問題の原因の解析に力を注ぐほうがはるかに効果的であるはずである。ところが現実に経験することは、品質問題は業務の質の問題から生じていることが多く、管理者なり、技術者あるいはQCサークルに問題を提起し、業務の質の改善により解決しなければならない問題が大多数である。これが多くの企業で、品質情報を収集、解析して問題点を抽出し改善につなげるため品質情報システムを導入している一番基本的な理由となっている。したがって品質情報システムは多数の生産関係者が当初の計画に従って十分に機能を果たし、かつ、信頼性の高い製品を得るために必要とされる情報活動を支えるものである。

 

5.4.3 設計における品質情報管理
設計工程の品質を中心とした管理のあらましは、図5.4.1のとおりである。この図の太線の枠内が設計部門であり、太線の枠の外とのつながりが他部門と関連するところである。設計部門における品質管理活動は次の三点に要約することができる。
( 法ゝ蚕僂涼濱僂藩?僂亡悗垢覺浜?萋ー
客先要求を前向きに受け止めた研究、開発ならびに工程内および引渡後の不具合情報に基づく改善活動でこれを技術標準、設計標準、コンピュータプログラム、品質機能展開などに蓄積する活動
(◆法”兵訴歉攅猝椶両楮抒稜Г箸修療礎」
品質保証に係る会社方針、各種法規及び客先の品質に関する詳細な意向を確認し、品質機能展開を通じ、これを図面や補足指示書などによって、次工程に正確に伝達する活動
(?法―仗浙般海硫?嘘萋ー
図面の自主検査による正確でわかりやすい出図の履行と、変更図の減少をはかる活動
図5.4.1の左上隅に品質表の表示がある。これは規格、技術標準、設計標準、コンピュータープログラム、品質機能展開など諸標準の要となるもので相互の関連をつなぐものとして位置づけられている。いわば人間の頭脳に相当するものである。重要な情報はこの品質表に集中され整理され活用されなければ総合的に実があがらないことを表現している。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
39位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
243,637

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.無線工学の基礎テキスト
2.整備物件管理システム操作手順書
3.舶用機器修繕工事管理者指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
5.膨張式救命いかだ整備技術指導書
6.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
7.GMDSS救命設備整備技術指導書?第1部?
8.GMDSS救命設備整備技術指導書?第2部?
9.GMDSS救命設備整備技術者技量認定試験問題集(平成3年度?平成7年度)
10.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
11.舶用ディーゼル主機関軸系のねじり振動に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から