日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

品質管理指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


 

5.2.9 倉庫管理
倉庫管理業務は、通常納品、検収が終了したのちの入庫から出庫までの期間に行われるが、その業務は材料、消耗品及び部品の入庫から出庫までの期間中における倉庫及び置場、並びに保管品の整理整頓、漏損、発錆、腐敗、紛失などの防止処置、あるいは保管中に発生した損傷等の異常処理、即ち保全である。
一般的心得としては、金属材料で錆または腐蝕のために品質が低下するおそれのあるものは、必ず屋内の乾燥した場所に保管するか、発錆防止のためグリースまたはオイルの塗布、その他適当な処置を行う。
塵挨などにより品質が低下するものは、箱または容器に入れて覆いをするなどの注意が必要である。また、保管する材料、部品は、容易に識別できるよう配慮する。
さらに、これらの処置を要求されるものは有効期限を明確にするとともに先入れ、先出しの管理を実施することが必要である。
保管中の異常は関係先に速やかに連絡し、単独で処理しがたいものは関係部門の助言を得ることが必要である。その際、併せて責任範囲を明確にしておく必要がある。

 

5.2.10 在庫量の管理
倉庫管理上最も必要なことは、適正在庫量をいかにうまく管理するかであり、最近は必要な部品、材料が必要に応じ、必要量を払出される在庫量の管理が強く要請されている。
生産管理のEDP化に伴いコンピュータによる在庫、出入庫管理が一般化しており、在庫の極少化が図られている。
(注) EDPとは
Electronic Data Processingの略語

 

5.2.11 生産管理システムの近代化
生産管理の基本は人、物、設備、情報といった要素をいかに効率良く活用し、運用するかということである。
生産の効率化をハード面から見ると、1965年代からNC(数値制御)工作機械が普及し、NC機械の導入に関して省力化という用語が普及した。
同じ頃、産業用ロボットの開発が進み、1970年〜1980年代にかけてロボットブームがおこった。そして生産現場の機械化は単にNC、MC(マシニング・センター)など単体機械れべるの省力化から、各工程間を自動搬送機で結んだFMS(フレキシブル生産システム)の導入が行われてきた。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
39位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
243,637

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.無線工学の基礎テキスト
2.整備物件管理システム操作手順書
3.舶用機器修繕工事管理者指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
5.膨張式救命いかだ整備技術指導書
6.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
7.GMDSS救命設備整備技術指導書?第1部?
8.GMDSS救命設備整備技術指導書?第2部?
9.GMDSS救命設備整備技術者技量認定試験問題集(平成3年度?平成7年度)
10.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
11.舶用ディーゼル主機関軸系のねじり振動に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から