日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

品質管理指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


 

(4) 源流管理
不良品を出さないとか不具合を起こさないとかいう「守りのQC」ではなく、積極的にお客さんが喜んで買ってくれるような新商品を作って、それをお客さんに売り込むQC、つまり「攻めのQC」が必要になって来ている。QCの源流段階である商品企画・商品設計・生産準備段階のQCが非常に大切になっている。
「源流管理」とは、「お客様に喜ばれる商品やサービスの品質を明らかにして、仕事の仕組みの源流、または担当業務の源流にさかのぼって、品質やサービスの機能や原因を掘り下げ、源流を管理していくこと」である。
特に留意すべき事項は次の通りである。
? 新商品開発体系図・品質保証体系図を整備充実し、一貫したシステムづくりを行うこと。
? 品質機能展開を実施し、使用者の立場に立って「真の品質」を明確にして、設計品質・工程管理に展開すること。
? 開発の各段階での「節」をつけ、段階ごとのネライ・目標と実績とが合致しない場合は、次の段階へ移行させないこと。
? 企画、設計、量産試作の各段階での「トラブル予測」を行い、下流段階で起こりうるトラブルを未然に防止すること。
? 開発の各段階における個別の改善活動を活発化し、「しくみの改善」につなげること。
? 発生したトラブルは、原因を源流段階へさかのぼって追求し、品質保証活動を充実すること。
? 各種の標準・規程・フローチャート・チェックリストなどを整備・充実すること。
(5) CS経営(Customer Satisfaction Management)
「CS経営」とは、お客様満足度を原点として、お客様満足を組織的に創りつづける経営のことである。
つまり、満足度

021-1.gif

で表され、CSは商品やサービスに対して顧客がどれくらい満足しているかを表すものであり、企業において品質管理の重要性や顧客サービスの向上の大切さは以前より重きを置いているが、優れた商品・サービスを提供するというところの視点を一歩すすめて、顧客の満足度を向上させるというところに狙いを定めているのがCS経営である。
(6) IS09000シリーズとTQC
? IS09000シリーズは、品質システムの基本モデルごとに品質要求事項をまとめ、国際的に明示され、品質管理及び品質保証に関する国際規格として1987年3月に制定され

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
39位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
243,637

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.無線工学の基礎テキスト
2.整備物件管理システム操作手順書
3.舶用機器修繕工事管理者指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
5.膨張式救命いかだ整備技術指導書
6.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
7.GMDSS救命設備整備技術指導書?第1部?
8.GMDSS救命設備整備技術指導書?第2部?
9.GMDSS救命設備整備技術者技量認定試験問題集(平成3年度?平成7年度)
10.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
11.舶用ディーゼル主機関軸系のねじり振動に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から