日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

品質管理指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


 

品質管理指導書の一部改訂にあたって

 

品質管理講習委員会は、昭和50年度以降、船舶安全法に基づく製造認定事業場の直接監督者を対象とする品質管理講習用の指導書を編集し、認定事業場における製造工事管理者の養成と認定事業場制度のもとでの品質管理の向上に努力して参りました。
製造認定事業場制度が実施されて既に30年を経過した現在、各事業場は、この制度に慣熟したものと認められます。
昭和50年度に編集した指導書では、「認定事業場になるためにはどうしたらよいか」との事業場の要望をもとに、規則で定める認定の基準の解説とこれに基づく管理を主に取扱ってきました。
昭和54年度に編集した指導書では「認定事業場をどのように運営したらよいか」との認識をもとに、学識経験者並びに各事業場の品質管理責任者によって、旧指導書を抜本的に見直し、製造認定事業場における品質保証活動を根底においた品質管理を主内容としました。
この指導書は、法規改正等に伴ない毎年改訂しております。
最近では、平成3年度に、改造修理認定事業場の発足にあたって船舶検査心得及び船舶検査の方法の一部が改正されたため、並びに認定事業場における品質保証活動の多様化に対応した内容とするための一部改訂を行いました。
平成4年度は、事業場の品質システムの多様化に対応するため及び船舶検査の方法の一部が改正されたための一部改訂を行いました。
平成5年度は、前年度に引続き事業場の品質システムの多様化に対応するための一部改訂を行いました。
平成6年度は、船舶安全法の規定に基づく事業場の認定に関する規則の一部改正及び事業場の品質保証システムのIS09000シリーズ規格への対応を踏まえて一部改訂を行いました。
平成7年度は、前年度に引続き事業場の品質システムの多様化に対応するための一部改訂を行いました。
尚、本指導書をより読み易くするために、A4版サイズに改めました。
平成8年度は、認定事業場に関わる通達等に対応させた改訂並びに全ページ見直しによる一部字句の修正を行いました。

 

平成8年9月

 

品質管理講習委員会委員長
東京商船大学名誉教授
内海博

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
39位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
243,637

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.無線工学の基礎テキスト
2.整備物件管理システム操作手順書
3.舶用機器修繕工事管理者指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
5.膨張式救命いかだ整備技術指導書
6.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
7.GMDSS救命設備整備技術指導書?第1部?
8.GMDSS救命設備整備技術指導書?第2部?
9.GMDSS救命設備整備技術者技量認定試験問題集(平成3年度?平成7年度)
10.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
11.舶用ディーゼル主機関軸系のねじり振動に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から