日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船殻設計

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

第3.33図 船首船底補強部(外板展開図)

 
3.5.3 二重底の設置
 
鋼船構造規程では船の長さが100m以上、NKでは特別の理由を除き、船首隔壁から船尾隔壁まで二重底を設けることとしている。前記以外でも二重底を設けることは差支えない。船首尾倉内は普通は全体がバラストタンクとして使われるので、単底構造とし、かつその部分の横断面は瘠形であるから、単底助板の深さを増して左右舷の外板を十分強固に結び付けるようにし、まだ助板自身にも防撓材を適当に設けて防撓しなければならない。
二重底の高さ(中心線桁板の高さ)は、鋼船構造規程では680?o以上、NKでは船の幅の1/16以上で、700m未満としてはならないことを標準としているが、これは二重底内のタンク容積にも関係し、船倉の深さにも関係する。またあまり低いと二重底内の工作が難しくなるから注意を要する。大よその目安としては、L57m以下は700?o、L70mで770?o、L80mで800?o位となろう。二重底高さが著しく高いときは、縦通桁、実体助板などの増設を必要とする。また船底勾配のいちじるしく大きい場合には、二重底の深さを増加し、湾曲部外板が二重底縁板で保護できるようにする。縁板はほぼ水平に配置する方がこの意味でも有効である。(とくに船首から0.2L間で推奨される)この部分の構造例を第3.34図に示す。
 
 
 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
72位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
165,223

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から