日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船殻設計

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


3.2.2 肋骨心距の決定
 
肋骨心距は一般配置図の段階ですでに決定さるべきものであるが、単底助板、肋骨、外板、甲板などの寸法を定める要素の一つとして重要なものであるから、ここにその決定法を説明する。
横肋骨心距の標準としては、小型鋼船構造基準では倉内は460+2.28L(?o)(ここにLは船の長さ、m)とし、船首尾倉内および船尾材または船首材とこれに隣接する肋骨との距離の最大は610mmと前項の式のいずれか小なる方におさえることになっている。クルーザースターンの肋骨心距は610?o以下とする。NKでは450+2L(?o)を標準としている。また、船首尾倉およびクルーザースターン並びに船首隔壁と船首から0.2Lの個所との間の横肋骨の心距は、610?oと前式のうち小さいものを超えてはならない。
一般の傾向としては、船首尾倉を除いては横肋骨心距を標準よりやや広い目としたものが多く(+100?o、−50?oの程度)船首尾倉はこれより10%位狭くするようである。肋骨心距を大にすれば、肋骨の数は滅ずるが外板、甲板(甲板梁も肋骨ごとに設ける)の板厚と肋骨の寸法が増すから、これらを適当に組み合わせた場合に構造重量が最小となるわけである。しかし工作との関係もあり、やや広い目にとるようになっている。200トン未満の小型船となると、肋骨心距は全船通して同一とするのが簡便である。
縦肋骨(とくに二重底内の)の心距はNKでは縦肋骨の心距は550+2L(?o)を標準としている。ただし、助板間の距離が2.5mを超える場合は、その中間に形鋼支柱を設けなけれぱならない。
横肋骨及び縦肋骨の心距を標準規定より170mm以上とする場合は、単底部材、二重底部材その他関連部材の寸法及び構造に特別の考慮を払わなければならない。
 
3.2.3 各部寸法の決定
 
構造方式および肋骨心距が決定された後、構造規則に規定された部材は、3.8に後述する構造寸法計算書によって、船体諸寸法を考慮しながら計算によって求め、鋼材の市販寸法および在庫表なども考慮して実船に用いる部材寸法の決定にもってゆく。
その順序としては、一般の構造規則にあるように(小型鋼船ならびにNK鋼船規則、鋼製漁船構造基準など)、船首材、船尾材、舵(これらには鋳、鍜鋼材を使用したり、大径のベアリングを要し、外注する場合にはとくに手配を早くしなければならない)、単底または二重底構造、肋骨、梁柱、甲板下縦桁、平板竜骨、外板、甲板、水密隔壁、深水タンク、船首尾の防とう構造、船楼、甲板室、機関室、軸路(もしあれば)の順に寸法を決定する。このうち強力甲板の厚さは、船の中央部における強力甲板の有効截面積が、小型鋼船構造基準に示す船体横截面抵抗率(Z=I/y)を満足するように定めねばならないので、3.7に説明するような方法
 
 
 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
72位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
165,223

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から