日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船殻設計

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


(1) 片持ばり
図(a)のように、一端が固定されているはりである。固定されているほうの端を固定端、自由なほうを自由端という。
(2) 両端支持ばり
図(b)のように、両端が自由に動くように支持したはりで単純ばりともいう。
(3) 張出しばり
図(C)のように、支点の外側に荷重のかかるはりで、支点から荷重までの距離のとこをオーバーハングという。以上三つのはりは、支点の反力を力のつりあいから求めることができる。
(4) 固定ばり
図(d)のように、両端が固定されているはりである。両端は水平方向にも動けず、回転もできずに固定されているので、はりの中で最も強いものである。
(5)連続ばり
図(e)のように、3点以上の支点で支えられたはりである。
(6)一端固定、他端支持ばり
図(f)のように、一端が固定された支点で、他端は両端支持ばりのときの支点と同じもので支えられているはり。
以上の三つは、はりの変形も考えて解かなければならないはりである。
船体の構造物は、たゆみ性があるので、完全な固定端にはならないが、強固なブラケットを使えば、固定端に近い状態が得られ、同時にビームのスパンが実質的に短くなる。
また、船の場合は等分布荷重(次項参照)が大部分である。このような等分布荷重を受ける固定端ビームにおいては、最大曲げモーメントは両端部に生じて中央部の2倍に達するから、ビームが弱くて折れるような場合には、端部から折れる。ビームの両端部にじょうぶなブラケットを必要とするのは、このような理由があるからである。
 
2.1.3 荷重の種類
 
はりにかかる荷重には、いろいろの種類があるが、ここでは第2.7図にも示すように、集中荷重と等分布荷重について考えることとする
 

 

第2.7図

 
 
 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
72位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
165,223

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から