日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船殻設計

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


その他に詳細設計段階で、甲板、隔壁、甲板室などの構造図を画き、これらが工作図のもととなる。
 
1.1.4 この指導書の意図するところ
 
この指導書は、船体強度理論のあらましを説明し、これと船体構造との関係を保ちながら、構造図面の画き方を解説することとした。船殻設計の最終目標は良い構造図面を描くことにあり、良い構造図とは、強度、剛性を満足し、軽量で工作性のよい船殼構造を、分かり易く図示したものである。
この指導書で引用する船は199トン型貨物船を主とするので、さきに発行された、小型鋼船建造要領−設計要領−(昭和43年3月)を参照されたい。またその一部は、学習指導書第3章にも説明がある。
 
1.2 構造基準と船級協会規則
 
1.2.1 構造基準の必要性
 
鋼船の船体は外側は複雑な曲面をした都分が多く、内側には肋骨、防撓材、縦通材、梁、桁、隔壁などがあって複雑に入り組んでいる。これを陸上の建築物、橋梁などに比べると、船体はまず動くものであるという点で根本的に異なっている。しかもその活動範囲は海上であるため、船体にどのような大きな力がかかるかも未だ正確に知られていない。さらに船舶は多数の人命と貴重な貨物、財産をあずかるものであるから、高度の安全性が要求される。
構造強度理論も、船殼全体の応力を一挙に計算できるほど厳密には進んでいない。現在の理論は後述のように近似的な解を与え、実績船との比較強度を求めているにすぎない。したがって、船殻構造の計画を行うのに、一々構造強度の計算をしていては手間がかかるから、従来の実績を解析した結果をまとめて、数式または表の形にしておき、必要に応じて部材寸法が得られるようにすれば非常に便利である。
一方、乗組員の安全と船体、積荷の安全を確保する船舶安全の立場と、船主、荷主、保険業者の利益を守る商売上の立場から、船殼構造の満足すべき最低基準が必要となる。
各国には第1.1表に示すような船級協会があり、それぞれ構造規則を定め、図面承認、工事中検査、完工検査および定期検査に合格したものに船級を与えている。構造規則の内容は鋼材の規格、各部の構造および部材寸法、工作についての指示などが盛っている。
船級協会とは別に、わが国の運輸省は船舶安全法にもとづいて鋼船構造規程を定めているが、小型鋼船については小型鋼船構造基準が別にあり、また鋼製漁船については漁船協会で作製し、運輸省で認められた鋼製漁船構造基準がある。総トン数20トン未満(除く国際航海旅客船)の船舶には「小型船舶安全規則」が、また、長さ24m未満の鋼製およびアルミ製の軽構造
 
 
 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
72位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
165,223

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から