日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船体工作法

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


られる面一N・A)はウエブプレート側にあるため,隅肉溶接の収縮は全体をフ工一スプレートの方へ,曲げるように働くのである。また(b)図は,フエースプレートが厚いために,中立軸はフェースプレート内にあるので,曲りは反対方向にでる。

このように,それぞれの場合で曲りのでる方向と形状が異なるから,溶接物に対して,変形を予測し,対策を立てなければならない。ストロング・バックや,拘束等の個々の方については,鋼船工作法にて述べるので,それを参考にして対策をたてるようにされたい。

234-1.gif

 また,第5・24図のような溶接順序により歪みの量が異なることがあるので,それぞれの状態に応じた運棒方法で溶接作業を進めることが望ましい。

 ここでは,残留応力の焼鈍について,述べるが,残留応力を,大がかりになくすためには,炉中に入れて,応力焼鈍すればよいが実際には,そのような大きな炉もなく,不可能に近い。以前は,ビルトアップのスタンフレーム等は,よく炉中焼鈍を行ったが,船が大型化するにつれて,1体としては炉中焼鈍がむつかしくなり,全面的な焼鈍がなされなくても,運航上,特に問題が生じない等のことから,最近は,以前程,焼鈍に対する要請はなくなってきている。比較的手軽に行えるものに,低温応力焼鈍があるが,これは溶接線方向に沿っての応力軽減にのみ役に立つものである。これは第5・25図のように,溶接線に沿って溶接線上では,収縮しようとしているから,周囲の部材から引張られて,引張り応力を受け,その外側は,溶接線に引張られるため,圧縮応力を受ける状態になっているものを,圧縮を受けている部分に加熱し,急冷することにより,この部分に収縮を起こさせ,応力を緩和しようとするものである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
1,185,409

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から