日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




(1)管一品製作

(2)管水圧テスト(単品)

(3)酸洗から中和(管工作法参照)

(4)管取付(地上工事)

(5)油圧機器据付け

(6)機器との管合わせ

(7)同管の溶接、水圧テスト、酸洗処理

(8)同会わせ管を含め船内管の接続

(9)耐圧テスト(油圧ボンブにて)

(10)オイルフラッシング

(11)システム油張り込み


5.7.2 フラッシング


192-1.gif


(1)フラッシング準備(図5.13参照)

(a)油圧ラインをエアーブローして異物のないことを確認すること。

(b)油圧ボンブ及ぴウインチバイバスをとること。

(c)エアーにより圧力テストを行い、漏洩の有無を確認する。

(d)フラッシングポンプ付タンクの出口フイルターが清浄であることを確認する。(フィルターは200メッシュが一般に使用されるが、より高い清浄度を要求される場合はミクロンフィルター等を使用する)

(e)フラッシングボンブの戻り系統ストレーナを清掃する。

(f)フラッシングボンブと油圧管ラインを接続する。

(g)フラッシング油をフラッシングボンブ付タンクから油圧管内に充満させる。

(h)フラッシング油は常に新油を使用する。

(i)フラッシングボンブの選定には管内流速4m/sec以上のポンプとする。(各装置の管内流速より早い流速とすることが望ましい)


(2)フラッシング

(a)フラッシングボンブを運転し、各回路のフラッシングを行う。

(b)ハンマリングや窒素ブローを行い、フラッシング効果を上げる。

(c)フラッシング時間は、1系統12時間を標準とするが、フィルターに異物が付着する限り、フラッシングは中止してはならない。

(d)フラッシング検査は、200メッシュフィルターの異物付着状況のチェックによる。立会検査に合格することを要する。(判定にはこの他にNAS等級によるものがある。)





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
15位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
437,750

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から