日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




マスト、ポストの取付け後ブームを搭載する。ブームは搭載後の塗装は手間がかかるのでなるべく地上で完成塗装する方が良い。またブーム先端のトッピング及ぴカーゴフォールブロック、カーゴフォールガイドロープ等を取付けた状態で搭載することが便利である。

ブーム受けはブーム搭載後、ブームに合わせて位置決めを行う。


(3)索用金具

アイプレート、リンクプレート、クリートの取付けに当っては上甲板、ガイスタンド等に取付ける場合、荷役装置を十分理解した上で取付ける必要がある。取付けに当っては特に下部補強、入念な溶接等に留意することは勿論であるが、特にアイプレートは傷の有無をチェックするため、無塗装でメーカーより納入させるのが良い。


(4)トッピングウインチ

ドッピングウインチの取付けに当ってはカーゴウインチのワーピングエンドとトッピングウインチのドライビングワイヤドラムは互に平行であり、ドライビングワイヤがドラムに直角となる事が必要である。

またトッピングワイヤがトッピングウインチに滑らかに巻きうるため、ポスト頂部より糸を張ることも有効である。


(5)ワイヤリング

ワイヤリングに当って高所作業が発生するので慎重に工事を進め、特に足場等を十分用意する必要がある。ワイヤリングに先立ってあらかじめブームにガイドローブを準偏しておくと便利である。


(6)試験

規則に従い荷役装置全体に対して荷重試験を行わなければならない。

試験に関する注意事項は次のとおり。

(a)設計より出図された試喰方案をよくのみこむこと。

(b)試喰前日までにワイヤリング等の荷役準備を完了しておくこと

(c)ウインチ台トッピングユニット、アイプレート等荷重のかかる部分の溶接等は最終確認しておく。

(d)ブームの仰角、アウトリーチ等は治具、分度器を用いて正確に定める。

(e)試験時は総指揮者、ウインチマン、警戒貝等をはっきり定め、表示する。

(f)荷重試験はすべてのブームについて行い試験終了後、検査員の承認を得て、各フームの見やすい位置に安全荷重及び仰角を記入する。





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
435,442

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から