日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




7. 2.6 海図


第9号表に外に「設」144条には、沿海以上の航行区域を有する船には、その航行すべき区域及び港湾の海図を備えなければならないと定めている。



7. 2.7 その他の航海計器


(1)レーダ(Radar)

電波の速度Cは、C=3×105km/secであるから、距離 Dkmの目標からは、電波の発射後 t=r×2D/C secで反射が帰ってくる。このtを測定してDを知るこCとができる。反射が帰ってくるときに、送信を停止しなければならないので、送信断続時間を短かくして、10−6sec位にする。このようなパルス波形を一応周期で繰返し送信する。電波を空中線から一定方向にだけ発射すると、その方向にある目標からだけ反射してくるから、空中線を回転して目標位置を測定する。

スキャナーの取付け面は水平にすること、ただし小型船、特殊船などで船尾トリムのものはそのトリムより1°〜2°前後の僻角をつける方がよい。


(2)ロラン(Loran)

パルス電波を利用した長距離電波航法方式で、2定点からのパルス電波の到来時間の差が一定となることを利用したもので、船上ではロラン受信機とロラン用海図から正確な船の位置を求める。


(3)クリノメータ(Clinometer)

船体の傾斜を測るもので、最大傾斜角をも知りうるものである。操舵室その他に備える。


(4)GMメータ

横揺周期を計測するもので、精密なクリノメータとGM計算尺とで成り立っている。

(5)喫水計

連続気泡式、差圧式、電気式などがある。



7.3 信号器具


7.3.1 黒色球形形象物


停泊時や運転の自由を失ったとき、その他漁業中など特殊な状態にある船は、昼間の標識として掲げる。黒球の直径は600mm以上とされているが、全長20m未満の船舶の場合は適当なもの





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
434,280

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から