日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




6.2.1 主操舵装置


主操舵装置は、「設」136条により次のとおり定められている。

(a)十分な強度と適当な保護方法。

(b)最大航海喫水において最大航海速力で前進中に、舵を片舷35度から反対弦35度まで操作でき、片舷35度から反対弦30度まで28秒以内に操作できること。

(c)舵柄との接合部の舵頭材の径が120mを超える場合は動力によること。

このほか、「設」137条以下146条までを参照しなければならない。



6.2.2 補助操舵装置


すべての船舶は、主操舵装置に故障を起こした場合の用意として、主操舵装置のほかに、独立した補助操舵装置を備える必要がある。「設」136条により次のとおり定められている。

(a)操舵機室がある船舶は、操舵機室で操作すること。

(b)最大航海喫水において最大航海速力1/2又は7ノットのいずれか大きい方の速力で前進中に、舵を片舵15度から反対舷15度まで60秒以内に操作できること。

(c)主機操舵装置が故障した場合に、速やかに作動させることができること。

(d)舵柄との接合部の舵頭材の径が230mを超える場合は動力によること。

(e)動力によるものは、その制御系統が、主操舵装置のそれと独立したものであること。

このほか、「設」137条に補助操舵装置を備える必要のない場合が示されている。



6.3 舵柄又は舵柄孤


舵軸を旋回するための肺として舵柄又は舵柄孤がある。操舵方式によって、それらの形式も異なるが、舵柄だけのものと、舵柄を弧状にした舵柄孤とがある。



6.3.1 舵柄の寸法


鍛鋼製の舵柄又は舵柄孤の寸法は、舵頭材(ラダーヘッド Rudder head)の径を基準として定める。図6.1は鎖式操舵装置の場合の各部の寸法の割合が示されている。


042-1.gif





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
434,280

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から