日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




(4)先行艤装の得失

(a)重量

従来系統図だけで現場施工をしていたような工事については、あらかじめ図面の上で十分に検討されたものが施工されるから、重量も減少する傾向にあるが、一方船殻との取合いの関係で船殼重量が多少増加するものもある。


(b)工数

艤装の現場工数は、大きく減少する利点がある。しかし、設計工数は、非常に多くなる傾向にあるし、また出図時期にも影響することも考えられるので、この点は十分検討の上実施すべきであろう。


(c)工期

工事期間については、極めて大きく短縮される利点があるが、現場工事実施前の慎重な検討期間、設計期間が必要なことはいうまでもない。


(5)今後の課題

一般に船殼の建造期間は急速に短縮されたが、艤装工事については特に小型の船では、まだ先行艤装の利点が十分認識されていないので、艤装の工数と時間が多くかかるのが通例である。

(a)いかにしたら艤装が安くなるかを、設計と現場との間で十分検討すること。

(b)艤装には船主や乗組員の意見が相当に入り、一船ごとに異なったものになる傾向があり、このことは重量、原価に大きく響くことを考慮すること。

(C)船員の考え方の改善も必要であると同時に、設計者、工作者の勉強も必要であること。



1.1.5 艤装設計の進め方


前述の種々の設計要素を考慮しながら具体的設計を進めることになる。まず最初にとりかかるのは、船の建造日程を把握し、いつまでにどのような図面を作成出図しなければならないかを検討し、設計としての日程を明確にする。

個々の設計図についてフローにしてみると、


005-1.gif


のようになる。





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
434,518

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から