日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


排水量計算の後から加える部分と差し引く部分

 

015-1.gif

 

?@下方付加部(Lower appendage)〔計算表-1.2〕
ビルジ部以下の断面形は、シンプソン法則で計算すると誤差が大きくなるので、断面の面積は、プラニメータで求めてからシンプソン法則で計算する。(右図参照のこと)
?A外板(Shell appendage)〔計算表-6〕
鋼船では、フレームの外側までの線図が面かれるから、船体寸法表で計算した排水量には外板の厚さは加えてない。そこで外板の排水量を付加都として別に計算して加える。
排水量等曲線図をみると、
排水量(裸殼) Displacement(Naked)
排水量(外板を含む)Displacement(incl. shell)
として2本の曲線が記入されている。
?B船尾付加部(Stem appendage)〔計算表-2〕
船尾部のAPより後方の部分
?C船首付加部(Bow appendage)
船首部のF.P.より前方の部分、例えば、突出した球状船首部(Bulbous bow)などがある。
?Dボッシング(Bossing)
2軸船などの場合は、この外にシャフトブラケット(Shaft bracket)、プロペラ軸(Propeller shaft)などの船体より突出したもの。
?E舵板(Rudder)
流線形複板舵など。
?Fプロペラ(Propeller)
?G方形キール(Bar keel)およびビルジキール(Bilge keel)
?Hプロペラ孔(差し引く部分となる)
一般に付加部として言子算するのは、一軸船では、?@?A?Bおよび?C程度でよい。?E?F?Gは?Hと差引き0と考えてよい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
106位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
119,265

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
6.通信教育造船科講座 艤装
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から