日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

海水で 1.025t/m3
である。参考までに主な液体の比重量を示すと次のとおりである。
重油 0.89〜0.98
軽油 0.82〜0.86
灯油 0.70〜0.85
ガソリン 0.60〜0.78
潤滑油 0.85〜0.93
ここで、浮力という概念は説明されたが、次に重量について調べて見よう。
重量とは、正確には、
その物体に働く重力の大きさで、即ち、「重量は、物体の質量に9.80665m/sec2の加速度を加える力である。」と定義されている。
しかし、我々が一般に船の設計で使われている重量とは、船の目方であって、余りむずかしく考えないでもよい。船がある喫水で浮かんでいるときの総重量のことである。船の重量は、船体重量、ぎ装重量、機関重量、電機重量の合計で、載貨重量がある場合は当然荷物、清水、燃料、食糧、乗組員の重量などが加算された合計重量となる。
船に荷物を積めばその荷物の目方だけ船は沈み浮力と重量とが釣合った状態の喫水となる。

1.4 シンプソン第1法則の説明

この法則は、曲面で囲まれている図形(曲線図形ともいう。)の面積を近似的に簡単で容易に、しかも精度よく求めることができる。
船舶の計算には広く用いられており、排水量計算はこの法則が使用されている。
図2のような、曲線図形ABCDがあり、曲線の部分CDを二次放物線の一部と見ると、この場合には、
x軸上のABは基線で
y軸方向の垂直線AD、BCは縦座標となる。

 

004-1.gif

図2 第1法則の基本図形

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
106位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
118,520

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
6.通信教育造船科講座 艤装
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から