日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

第1章 船舶算法

1.1 本書の目的

造船の学問を学ぶためには、数学、物理、化学などの基礎学の上に、さらに造船工学の基礎科目を確実に勉強してこそ、初めて身につけることができる。
造船に関する科目は、その基礎となるいくつかの科目があり、なかでも、船舶算法は船の原理を理論づけるために必要な科目である。
船の必要条件として
(1)船が浮かぶこと。
(2)船が水の上で安定していること。
(3)船が走ること。
(4)船がこわれないこと。
などがある。船舶算法では、(1)の船が浮かぶこと、(2)の船が安定していること、また抵抗推進では、船が走ることなどを理論的に学び、(4)の船がこわれないことは、別の科目として、本講座に用意されている船の構造、船体強度などで学ぶことになる。
通信教育の指導書の船舶算法第1章の排水量及び肥せき係数では、船の浮がぶ力即ち浮力はどのようにして求めるか、また、船の形はどのように表現するかなどを述べ、また第2編の船の抵抗推進では、船が水の上を走るために、どんな外力が働くか、この外力に勝って走るためにはどんな方法がとられるかを解説している。
本通信教育の科目「船舶計算」で記述している船舶算法と抵抗推進は、小型船舶の建造に従事する技術者としては、ぜひ一通りは心得ておく必要があり、かつ重要な基礎知識である。

 

1.2 本書の内容

この指導書は、通信教育造船講座、船舶算法の補足として書かれたもので、指導書も、働きながら学ぶことを目途として、むずかしい理論や高等数学は極力さけ、独学でも十分理解しやすく説明してあるが、枚数の都合などで説明が不十分な箇所も見うけられる。そこで、学習指導書として、理解しにくい箇所、主要な部分を抜き出して詳細な説明をして補助教材とした。
なお、通信教育多年の実績から、受講者の質問、添削問題の理解度などを参考として、理論説明よりも実例を主体とした説明としてある。
また、実務に役立つために、計算図表を補足してあるから、これらの図表の使い方を勉強して早速役立てて頂きたい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
106位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
118,520

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
6.通信教育造船科講座 艤装
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から