日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

水辺の植物群落を探る?荒川中・下流域における河畔植生の組成・構造とその環境要因?

 事業名 生態系保護に関する調査及び教育実践
 団体名 埼玉県生態系保護協会 注目度注目度5


 

こうした危機的状況を訴える声の広がりとともに、市民による河川敷の清掃や帰化植物の除去などの活動が進められるようになってきています。また河川行政も河川法の一部改正により、これまで治水・利水の開発に環境を加え、自然環境の保全を重視する方向へと方針が転換されました。市民・行政ともに、水辺の生態系の保護・復元・創出方法の確立を模索しているところといえます。
水辺の生態系は水域と陸域という大きく異なる2つの系の移行部に位置し、水分や土壌などの環境条件の微妙なバランスの上に成立しています。また水辺は洪水という周期的な自然撹乱に大きく影響される場でもあります。そのため水辺の植物群落を保護・保全・復元するには、群落および構成個体群のハビタット(生育場所)の環境条件を正確に把握した上で進められることが必要です。しかしながら、これまで水辺の植物の生育環境を調べた研究は少なく、情報が十分に蓄積されているとはいえません。
私たちの会では、そんな状況の打開に少しでも貢献すべく、荒川中・下流域に残存するヨシ群落およびハンノキ林を対象に、種組成や群落構造と環境条件との関係や、更新動態等を明らかにすることを目的とした調査研究を行いました。また、イギリスにおけるヨシ原の管理技術を学び、水辺の植物群落の保護・復元方法について検討を加えました。まだまだ未熟なものではありますが、群落保全の足掛かりになればと願い、本レポートをもって公表させていただく次第です。
最後になりましたが、本レポートの作成にあたり快く資料を提供していただいた建設省荒川上流工事事務所をはじめ多くの方々に深く感謝いたします。なお、本レポートは(財)日本船舶振興会の助成を受け刊行いたしました。心から御礼を申し上げます。
平成9年3月
(財)埼玉県生態系保護協会
会長 池谷奉文

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
480位
(34,899成果物中)

成果物アクセス数
23,899

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月6日

関連する他の成果物

1.持続可能な社会に向けて・2?海外の環境教育先進事例から?
2.「生態系保護に関する調査及び教育実践」の報告書
3.将来ありべき人事管理を考えるための基礎調査(平成8年)/低成長期における企業の人事制度の抜本的見直しに関する調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から