日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

輻輳海域における海上交通安全制度についての調査研究 中間報告書

 事業名 輻輳海域における海上安全制度についての調査研究
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


 

3. 音戸瀬戸の航行について

 

(11)概要
音戸瀬戸は倉橋島と本州陸岸(広島県呉市)との間の狭水道で、東方から広島湾に通ずる最短距離にあり、小型船の常用航路である。
この瀬戸はS字型に大きく屈曲し見通しが悪いうえ、可航幅が狭く南口に架かる音戸大橋における水路幅約60mである。水路の維持水深は5mで、南口および北口に水路中央灯浮標が設置されている。
音戸瀬戸の地形を図3−1に示す。
(12)潮流
音戸瀬戸の潮流は一種の変異1」で、北流、南流ともに1回の潮で2回の強流速を示してその間にいったん弱くなる。最強流速は2〜4ノットである。
潮流のパターンを下図に示す。

 

276-1.gif

 

音戸瀬戸の潮流(海上保安庁書誌第103号瀬戸内海水路誌)

 

(13)航法
海上保安庁書誌第103号「瀬戸内海水路誌」記載の、この瀬戸を航行する際の注意事項等は以下のとおりである。
注意この瀬戸は高速水中翼船、定期旅客船、いかだおよぴ瀬戸を横切る小型船の通航が多いので注意しなければならない。南口から北航する場合、なるべく南航船との出会いを避けるため十分水路を見通してから瀬戸に入るのがよい。
呉海上保安部では海難防止のため、次の航法により航行するよう指導している。

 

? 瀬戸北口および南口にある各灯浮標は水路の中央を示しており、船舶はこの灯浮標を左に見て航行すること。
? 速力はできるかぎり落して航行すること。
? 狭水道で行き会う場合は、早目に右転して左舷対左舷で航過すること。
? 200トンを超える船舶は、清盛塚〜音戸灯台間で他船を追越したり並航しないこと。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
686位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
15,917

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.「輻輳海域における海上安全制度についての調査研究」の報告書
2.沿岸域環境保全リスク情報マップ整備の促進調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から