日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

輻輳海域における海上交通安全制度についての調査研究 中間報告書

 事業名 輻輳海域における海上安全制度についての調査研究
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


 

イ.流速4ノット超のときまたは南風により北流の生じているとき、長さ150m以上の船舶および喫水10m以上の船舶で速力10ノット以下のものは入峡禁止
ロ.流速6ノット超のときまたは南風により強い北流の生じているとき、長さ150m以上の船舶および喫水10m以上の船舶は入峡禁止
? 視程によるもの
イ.視程2海里以下ではレーダーを常時使用すること。
ロ.視程1.5海里以下のとき、レーダー作動不良の船舶は入峡不可
ハ.視程1海里以下のとき、危険物積載船および長さ150m以上の船舶は入峡不可
ニ.視程0.5海里のとき、一方通航とし、長さ100m未満で危険物を積載していない船舶のみ、その方向に航行可
ホ.視程O.5海里未満のとき、海峡は閉鎖される。
8)水先
イ.長さ150m以上のトルコ船は水先人を乗船させること。
ロ.海峡の地形、海気象、海上交通量等に鑑み、水先人の乗船を強く勧告する。
(注)海峡を通航してマルマラ海の港に入港する船舶に対しては強制水先であるが、海峡を通航するのみの船舶は任意水先である。
(4)左側航行について
ボスポラス海峡の中央部においては、かつて左側航行が行われていたが、1982年5月トルコ当局はこれを改め国際海上衝突予防規則に則った右側航行に改めた。左側航行が行われていた区間を図1−2潮流図に示した。
左側航行は、往時において帆船、低出力機船が、特にマルマラ海から黒海に向けて北航する際に、流速の弱い水域、ワイ湖を利用する必要があり、これが海峡の地形、特性からして左側航行となったものである。しかしながら、国際海上衝突予防規則による右側航行から左側航行に切り替わる海域においては、当然進路の交錯が生じることとなり、船舶交通量の増加とともにその危険性が増加し、加えて船舶の主機出力の増大化により潮流を利用する必要性が薄れたことから右側航行に改めたものである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
665位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
16,603

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.「輻輳海域における海上安全制度についての調査研究」の報告書
2.沿岸域環境保全リスク情報マップ整備の促進調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から