日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

輻輳海域における海上交通安全制度についての調査研究 中間報告書

 事業名 輻輳海域における海上安全制度についての調査研究
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


 

5.3 横偏位検出と潮流の影響

 

(1)航進目標による横偏位の検出
来島海峡を航行するときに航進目標が設定されているが、航進目標として遠方の目標も利用されており、こうした遠方の目標による横偏位量検出には少々問題のあることが判明した。しかし来島海峡大橋が完成すれば、この橋を航進目標として利用することができ、これにより横偏位検出精度が向上することもわかった。

 

(2)潮流の影響
来島海峡を南流の最強時に航行すると、西水道や中水道にアプローチするまでに航路に対して左方向に流れる潮流の影響を受ける。このため航路上を航行するには少し右に向首する必要があり、航進あるいは船尾目標を船首方向あるいは船尾方向に見ることができない。このため横偏位を検出するにはそれぞれの目標の方位を測ることが必要になる。

 

(3)潮流の影響に対する対策
目標の方位による位置の線を使って自船の横偏位を検出しようとすると、方位測定誤差に基づく横偏位誤差の影響があり、その分だけ検出精度は落ちる。こうしたことから潮流の影響を受ける海域では自船の横偏位を検出するために次のような工夫が必要である。

 

?航路前方にトランジット目標があればこれを航進目標として使用する。このトランジットは陸上にその基準を持っ位置の線であることから、自船の船首方向がトランジットと一致しなくても、2つの目標が見通し線上に並んでいる限り、自船はトランジットによる位置の線の上にある。
?目標の方位位置の線を使用する場合、測定間隔が長くなるほど潮流による横偏位量は大きくなるから、頻繁にその目標の方位を測定する。
?目標の方位位置の線を使用する場合、目標が遠くなるほど自船の横偏位検出精度は悪くなるので、できるだけ近い目標を航進目標として設定する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
686位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
15,917

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.「輻輳海域における海上安全制度についての調査研究」の報告書
2.沿岸域環境保全リスク情報マップ整備の促進調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から