日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

輻輳海域における海上交通安全制度についての調査研究 中間報告書

 事業名 輻輳海域における海上安全制度についての調査研究
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


 

4. 潮流が操縦に与える影響評価の指標

 

4.1 追越し、被追越し状態の特性

 

4.1.1 はじめに

 

来島海峡は複雑な地形や強潮流といった厳しい自然条件の下での航行を強いられている。さらに多数の船が輻輳して航行する交通環境下においては、近接して航行する場合もあり、自然環境条件に加えて船体相互の影響も受けることになる。このような環境下における航行の安全性を確保するためには、船の運動に及ぼす自然環境条件を総合的に検討する必要がある。
そこで本節では、来島海峡通航時の航行の安全性を評価するための指標を求めることを目的として、2船が近接して航行する時の各々の船の運動特性をシミュレーション計算によって検討する。すなわち、来島海峡の西水道および中水道について、最も強い潮流時における追越し鉛および被追越し船の運動特性を調べる。計算対象船型としては、追越し船は船長175mのコンテナ船型とし、被追越し船としては500GT程度の船を想定して、船長48mの追越し船と相似な船型を選んだ。

 

4.1.2 船体相互間の干渉力

 

2隻の船が近接して航行する場合、近接して航行する船の船体には相互干渉力が作用することが知られている。ここでは、このような船体相互間の干渉力の理論的な推定を行った結果を示す。
図?−4−1に示す座標系の下で、船体に作用する相互干渉力の推定を行った。ここで、被追越し船をShip1、追越し船をShip2とし、各船の船速をそれぞれU1、U2とする。O−xyは空間固定座標系であり、O1−x1y1およびO2−x2y2はそれぞれShip1,Ship2の船体中心線上に固定した座標系である。Sp1、Sp2は空間固定座標系のx軸とShip1およびShip2の船体中心線との側方距離であり、Spl2は追越し船と被追越し船との側方距離である。また、St1、St2は空間固定座標系のy軸とShip1およびShip2の重心間の船長方向距離であり、Sl2、l2は2船間の船長方向距離である。図?−4−1において、被追越し船Ship1および追越し船Ship2に作用する横方向(y1およびy2軸方向)

 

120-1.gif

 

図?−4−1 船体相互干渉力計算のための座標系

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
686位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
15,917

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.「輻輳海域における海上安全制度についての調査研究」の報告書
2.沿岸域環境保全リスク情報マップ整備の促進調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から