日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

輻輳海域における海上交通安全制度についての調査研究 中間報告書

 事業名 輻輳海域における海上安全制度についての調査研究
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


 

通峡後に対応している。総舵角量の変化は3min.〜8min.に増加しており、総舵角量増加の2分後にSNS値は増加していることが読みとれる。
?CASE6:西水道北航中間時被験者A(図?−3−23参照)
SNS値の増加が9min.〜14min.に見られ、その時の船位は馬島〜今治間通峡前から馬島〜今治問の中問に対応している。総舵角量の変化は14min.〜19min.に増加しており、総舵角量増加の5分前にSNS値は増加していることが読みとれる。
(4)考察
?中水道南航、潮流が憩流の場合、馬島〜中渡島間の最狭部への変針操船の間、また通峡後次の針路への変針操船の間に最も負担が増加していると推定される。舵角量からもこの間に操船が困難である事が推定される。
?中水道南航、潮流が中間の場合、馬島〜中渡島の最狭部通峡後の次の針路への変針操船の間に最も負担が増加していると推定される。舵角量からもこの間に操船が困難であると推定される。
?中水道南航、潮流が最強の場合、馬島〜中渡島間の最狭部への変針操船の間に最も負担が増加していると推定される。舵角量からもこの間操船が最も困難であることが推定される。
?西水道化航、潮流が中間の場合、馬島〜今治間の最狭部への変針操船の間に最も負担が増加していると推定される。舵角量の変化は、SNS値の変動との対応はみられないがSNS値の増加は通航操船の計画に関わる心理的負担が影響している可能性がある。

 

3.2.4 まとめ

 

本年の検討においては、負担に対する生理的反応を評価指標として用い、解析を行った。
結果として次の結論を得た。
SNS値は操船が困難であろうと考えられるところ、またはその前後にて増加の傾向が見られ、大略妥当であると考えられる。しかし、操船者によりSNS値変化は差異があることがわかった。またSNS値の絶対値で負担度を評価するには不明な部分が残っている。この点に関し更なる検討が必要である。
操船負担の推定に関し、生理的反応以外の方法については既に文献(1)で検証されていることから本年度の作業から除外した。来年度はこれらの結果を検討し、充実した評価手法を求め、利用していくことになる。

 

文献(1)小林弘明、竹内昭文、内野明子:
2nd'rytaskによる人間の作業負担評価について
日本航海学会論文集 第91号 平成6年9月

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
686位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
15,917

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.「輻輳海域における海上安全制度についての調査研究」の報告書
2.沿岸域環境保全リスク情報マップ整備の促進調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から