日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

輻輳海域における海上交通安全制度についての調査研究 中間報告書

 事業名 輻輳海域における海上安全制度についての調査研究
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


 

3.2.2 評価指標SNS値の概説(図?−3−19参照)

 

生理学的特徴として、心拍数は交感神経、心臓迷走神経の活動にて調整されており、両者の活動がなければ、心拍数は高い値となり、交感神経による心拍数調節は0.15Hz以上の心拍数の変化(以下、心拍変動とする)を伝達し得ず、心臓迷走神経は1Hz前後の心拍変動まで伝達するということが知られている。
15Hz以上の心拍変動は心臓迷走神経活動によるものであり、0.15Hz以下の心拍変動は交感神経、心臓迷走神経両者の活動によるものである。これは、心拍数が心臓迷走神経活動に対しては敏感に反応し、交感神経活動に対しては鈍い反応をすることを示しており、このため、心臓迷走神経活動が全体の心拍変動に対し高ければ、心臓迷走神経が恒常的に少ない活動で心拍数を調節するので、人間はリラックスを感じ、交感神経活動が心臓迷走神経活動に対し高ければ、心臓迷走神経活動が少ない分、交感神経が心拍数を調節しようと多く活動するので人間は負担を感じるということが言える。以下、SNS値、PNS値について述べる。
実験で得られた図?−3−19−Bの心拍変動データ(心電図記録)から一周期内の図?−3−19−B“○”印に示される最大振幅波形を検出し、図?−3−19−AのRR6、RR7、RR8のように最大振幅波形の時間間隔をm/sec単位で求める。この最大振幅波形をR波と言い、時間間隔をR−R間隔と言う。このR−R間隔は図?−3−19−C時系列データで表され、これを、スペクトル解析を行うと図?−3−19−Dの結果が得られる。この図?−3−19−D斜線部0.15Hz以上を高周波数成分(HF)、格子部0.04Hz〜0.15Hzを低周波数成分(LF)ととらえる。
全体からの高周波成分の比率(HF/TOTAL)をPNS値(ParasympatheticNervousSystem)、低周波成分と高周波成分の比率(LF/H)をSNS値(SympatheticNervousSystem)と称している。
上述した生理学的特徴よりSNS値は交感神経活動を表し、PNS値は心臓迷走神経活動を表すと言われている。SNS値は負担、緊張度の指標とされ、PNS値はリラックス度の指標とされている。PNS値は呼吸の影響を勘案しなければならないので、今回はSNS値のみを評価指標として用いた。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
686位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
15,917

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.「輻輳海域における海上安全制度についての調査研究」の報告書
2.沿岸域環境保全リスク情報マップ整備の促進調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から