日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

輻輳海域における海上交通安全制度についての調査研究 中間報告書

 事業名 輻輳海域における海上安全制度についての調査研究
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


 

図?−3−17と図?−3−18は、中水道(南航)と西水道(北航)航行に対するモデルの適用結果を憩流時、最強時、中間時の各潮流ごとに重ねてプロットしたものである。
図?−3−17中水道(南航)憩流時、最強時、中間時の各潮流
図?−3−18西水道(北航)憩流時、最強時、中間時の各潮流
中水道(南航)の場合は、追い潮での航行となるが、これによると馬島と中渡島間に侵入して行く際に感じる操船水域制約に伴う負荷がよく表現されており、併せて潮流の強さに応じて負荷が増す様子もうまく表現できていると思われる。
西水道(北航)については、向かい潮での航行となる。この場合は馬島と小島間で環境ストレスは最高値を示し、特に小島を迂回する過程まで高いストレスが継続する。潮流の強さに関しては向かい潮であっても、潮流が強いほど課される負荷は大きい結果が得られている。

 

3.1.6 まとめ

 

潮流下での操船において操船者に課される困難さに関し、操船者の意識を反映した評価指標を策定することを目標に、ここでは環境ストレスモデルを提案した。このモデルを操船シミュレータ実験の操船結果に適用し、ここでの目標に合致する評価指標としての妥当性の検証を行った。
その結果、操船者が航行中に感じる水域制約や潮流の存在に起因する主観的困難感を表現し得ることがわかった。
今後は、?地理的制約、?潮流外乱に伴う困難感に加えて、?他船航行の影響を受ける水域、?橋脚、操業漁船など障害物の影響を受ける水域において操船者に課される負担を定量化することが目標となる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
686位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
15,917

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.「輻輳海域における海上安全制度についての調査研究」の報告書
2.沿岸域環境保全リスク情報マップ整備の促進調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から