日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

輻輳海域における海上交通安全制度についての調査研究 中間報告書

 事業名 輻輳海域における海上安全制度についての調査研究
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


 

3. 潮流が操船に与える影響評価の指標

 

3.1 操船者の意識を考慮した指標(環境ストレス値)の策定

 

3.1.1 研究目的

 

潮流下での操船において操船者に課される困難さに関し、操船者の意識を反映した評価指標を策定する。具体的には、その船が航行する以下のような環境、

 

?地理的に制約された水域
?潮流外乱を受ける水域
?他船航行の影響を受ける水域
?橋脚、操業漁船など障害物の影響を受ける水域

 

において、これらの影響を受けながら操船するときに操船者に課される負担を定量化する。

 

3.1.2 操船者に課される操船上の困難さ

 

ある水域を航行するに際し、操船者に課せられる操船上の困難さは、以下の2種類に分離できる。
その一つは、【操作負担に基づく困難感】
ある点からある点まで、最善のルート上から逃れないように、外力に抗して航走するに必要な操船操作量から導かれる物理的困難さであり、
他の一つは、【航行環境が操船者に課す負荷(ストレス)】
妥当なルートを適切な速力で航行したときの操船過程において、その間に航行水域の地形的制約や他船の接近等に伴う危険顕在の恐れが操船者にもたらす主観的困難感である。
このような操船上の困難さに関しては、
・狭く屈曲した水路の航行
・強潮流下の航行
・他船との出会い
・障害物の存在
など、航行上の障害が大きいほど操船者にとって負担は大きくなる。

 

3.1.3 環境ストレス値による環境負荷の評価

 

ここでは、潮流下での操船において操船者に課される困難さに関し、特に操船者の安全意識を反映した評価指標を策定するため、分離した二つの困難さのうち後者に着目し、環境ストレス値に基づく定量化を提案する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
686位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
15,917

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.「輻輳海域における海上安全制度についての調査研究」の報告書
2.沿岸域環境保全リスク情報マップ整備の促進調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から