日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

輻輳海域における海上交通安全制度についての調査研究 中間報告書

 事業名 輻輳海域における海上安全制度についての調査研究
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


 

3. 今後の課題

 

来島海峡の潮流について、海上保安庁水路部の「調和定数を基本としたモデル」により推計を行い、これを実測値および経験豊富な実務者による操船実験により検証した。
検証の結果、新たに作成された潮流場は、全体として実際の流況によく合致しているが、問題点は次のように整理される。

 

?潮流の速度ベクトル
南流時において、中水道通過後の東方への流れや、西水道通過後の馬島方向への流れが弱いこと。また、西水道南部の流速がやや弱いこと等の流向・流速の整合性。
?渦潮等
操船者は各水道を通航する場合、渦潮や潮目、湧昇流を目視により(夜間は経験則により)避けて航行する。また、これらによると思われるヨーイング等の不測の船体運動が発生するが、潮流シミュレーションおよび操船シミュレータではこれらが再現されない。
?来島大橋の橋脚が潮流におよぼす影響
橋脚が流況に与える影響については、本船航路への影響は少ないものと考えられるものの、今回の潮流シミュレーションでは橋脚による流況の変化は考慮されていない。

 

今後、上記?および?については既往調査結果等との照合・確認により修正を加え、?の渦潮、潮目、湧昇流については、基礎データが無くその影響が解明されていないことや操船シミュレータの限界等から、これらを潮流場、操船シミュレータに再現することは難しいと考えられるが何らかの対応策を取り入れる等により、より現実に近い潮流場を検討する必要がある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
665位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
16,603

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.「輻輳海域における海上安全制度についての調査研究」の報告書
2.沿岸域環境保全リスク情報マップ整備の促進調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から