日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

輻輳海域における海上交通安全制度についての調査研究 中間報告書

 事業名 輻輳海域における海上安全制度についての調査研究
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


 

比較地点は潮汐表予報地点、潮汐表予報値7.3ノット、漂流ブイの流速7.47ノット、撮影時の流速7.70ノット
流速比=7.70/7.47
=1.030
と報告されている。

 

2.1.3 考察

 

以上の比較検証の結果、水路部のモデルは主流域において流速がやや弱くなっているが、流向はまずまずと思慮される。部分的に相違が大きくなっているところは既存観測データの少ない海域(西水道の南側および東水道)であるため調和定数分布図にこの影響が生じたものと考えられる。特に、東水道のような屈曲した海域ではデータの見直しをする必要がある。
一方、両報告書を比較してみると、横断分布の形状は若干海域も違うが相対的にみると中水道は比較的良好と思われるが、西水道のオコラ埼(馬島)の西方域において主流域の流速の強弱に相違があり横断分布の形状が異なっている。しかしながら、カンネノ鼻(馬島)の西方域の横断分布図では両者の分布形状はよく類似している。

 

2.1.4 航空写真の解析によって得られたデータの特徴

 

航空写真を利用したベクトル解析法による流況調査では、面的に広い範囲の流況を把握することができる。また、撮影された写真の分解の限界まで密な流れの情報を得ることができる等の利点を持つ反面、連続した時系列としてのデータを得ることが困難である。また、撮影、図化等の各段階で誤差を生ずる恐れがあるなどの欠点がある。したがって、撮影図化による流況調査では、何らかの方法によってその成果の妥当性を検証する必要がある。(報告書から抜粋)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
671位
(34,690成果物中)

成果物アクセス数
16,392

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年6月25日

関連する他の成果物

1.「輻輳海域における海上安全制度についての調査研究」の報告書
2.沿岸域環境保全リスク情報マップ整備の促進調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から