日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

輻輳海域における海上交通安全制度についての調査研究 中間報告書

 事業名 輻輳海域における海上安全制度についての調査研究
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


 

2. シミュレーション結果の検証

 

2.1 実測値による検証

 

「調和定数を基本としたモデル」(水路部のモデル)による計算結果と実測資料「来島大橋海峡部地質調査(その2)流況調査工報告書(昭和63年10月本四公団)」および財団法人日本水路協会の「来島海峡潮流変化調査報告書(昭和58年3月)」により比較検証した。
なお、両調査の方法は航空写真から流況解析されたものである。

 

2.1.1 来島大橋海峡部流況調査報告書(本四公団)との検証

 

検証は、昭和63年8月29日09時27分から09時37分の南流時(流速8.4Kn潮汐表予報値)に実施された流況解析資料により作成された横断分布図と、水路部のモデルによる流況推算図から作成した横断分布図により行った。(図?−2−1)
中水道は比較的よく合っている。西水道では、北側の2本の横断線はまずまずであるが、南側の横断線では主流域においては水路部のモデルの方が流速が弱くなっている。東水道では流動場に主流域の相違が大きく、同モデルのデータを検討する必要がある。
なお、同報告書には「SEPを利用して自記潮流計で観測を行った結果、潮流計の測定にはSEPそのものの影響が大きく作用することが考えられるが、写真から測定した流向および流速とは比較的よく合致していることがわかる」と述べているが具体的な比較資料はない。

 

2.1.2 来島海峡潮流変化調査報告書(水路協会)との検証

 

同報告書の調査による、昭和57年10月4目から8日に撮影された航空写真による流況解析資料から、10月8目10時59分から11時19分の南流時(流速7.3ノット潮汐表予報値)の流況図と水路部のモデルの同日時の推算流況図から横断分布図を作成し、比較検証を行った。(図?−2−2)
全体的に主流域の流速が水路部のモデルで弱くなっている。特に西水道の主流域の流速に相違が大きくみられる。
なお、同調査報告書では流況解析の検証のため海上調査を実施している。その方法は漂流ブイを流し、漂流した距離と時間によって算出した流速と撮影図化による流速によって比較している。

 

すなわち、流速比は、以下の値として定義している

 

052-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
671位
(34,690成果物中)

成果物アクセス数
16,392

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年6月25日

関連する他の成果物

1.「輻輳海域における海上安全制度についての調査研究」の報告書
2.沿岸域環境保全リスク情報マップ整備の促進調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から