日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

輻輳海域における海上交通安全制度についての調査研究 中間報告書

 事業名 輻輳海域における海上安全制度についての調査研究
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


 

6. 航行安全対策の検討課題

 

6.1 基礎調査のまとめ

 

地形が複雑なうえ強い潮流が流れ、かつ瀬戸内海の東西交通の要衝として航行船舶が輻輳する来島海峡は、海上交通安全法により来島海峡航路が定められ船舶交通の整流が図られているにもかかわらず、衝突・乗揚げの海上交通事故があとを絶たない現状にある。
来島海峡では「順中逆西」の航法と呼ばれる変則的な航法が定められており、この航法は明治末〜大正期(1900年代初め)には航海者一般の常用航法として普及しており、今日に至っているものと思われるが、

 

?海難の発生状況を見ると、変則航法(左側航行)となる南流時(49%)の海難が北流時(31%)
より多いことや、航路分離がされているにも拘わらず行会い関係の衝突海難(18%)がみられる等、「順中道西」の航法と海難との関連が窺われる。
?操船者の意識調査によれば、「順中逆西」の航法に起因する、関連すると思われる、航路出入口の混乱(第2位)、憩流時の行会い(第3位)が、通航時に注意する事項の上位となっている。
?また、右側一方通航の是非については、「可能だと思う」(26%)、「条件付きで可能だと思う」(28%)とする肯定的な意見が54%に対し、「不可能である」とする意見は33%で、操船実務者は右側一方通航を全く否定しているものではない。(但し、水先人は回答者全員が右側一方通航より順中逆西がよいとしている。)
ことから、航行安全対策の一方策としての右側一方通航の可能性とその条件等について検討することが必要と思われる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
686位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
15,917

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.「輻輳海域における海上安全制度についての調査研究」の報告書
2.沿岸域環境保全リスク情報マップ整備の促進調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から