日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

輻輳海域における海上交通安全制度についての調査研究 中間報告書

 事業名 輻輳海域における海上安全制度についての調査研究
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


 

5.2 通航の現状について

 

(1)通航時に注意する事項
操船者が通航時に注意する事項を表?−5−3に示す、得点数は、例示した注意事項に優先するものから順位を付けてもらい、優先順位1番を10点として、以下順位が下がるごとに1点すつ点数を下げて集計したものである。
一方通航でないことに起因する、関係すると思われる航路出入口の混乱(第2位)、憩流時の行会い(第3位)、航法違反船(第6位)が上位となっている。
また、その他としては「漁船の操業」、「フェリーの横切り」、「低速船」、「外国船の動向」、「本船の性能」、「乗組員の技量」などが見られた。

 

表?−5−3 来島海峡航行時に注意している事項

 

030-1.gif

 

(2)衝突の危険を感じた場所
衝突の危険を感じた場所を図?−5−1に示す。東および西の航路入口付近に集中している。

 

030-2.gif

 

図?−5−1 衝突の危険を感じた地点

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
686位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
15,917

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.「輻輳海域における海上安全制度についての調査研究」の報告書
2.沿岸域環境保全リスク情報マップ整備の促進調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から