日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

輻輳海域における海上交通安全制度についての調査研究 中間報告書

 事業名 輻輳海域における海上安全制度についての調査研究
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


 

2.順中逆西航法

 

2.1 沿革
潮流の流向によって通航方式を変える「順中道西」の航法が、初めて成文法として施行されたのは昭和4年(1929年)の「内海水道航行規則」とされ、以後昭和28年(1953年)の「特定水域航行令」、現行法である昭和48年(1973年)の「海上交通安全法」と引き継がれている。
「内海水道航行規則」の制定にあたっては、すでに明治期より検討が開始され、外務省外交資料館の「瀬戸内海航海規定草案」(明治36年)、「内海航行規則」(明治42年)の両案には、既に来島海峡の順中逆西航法が出現している。また、大正12年の海難審判において、「航海者一般の常用航法に反し、順潮に乗じて来島海峡西水道を通航せんとした」ことは運航上の過失と裁決され、こののち、順中逆西航法が判例法となった。
これらのことより、「順中道西」の航法は、明治〜大正期において航海者一般の常用航法として普及しており、昭和4年(1929年)「内海水道航行規則」の制定に際して成文化され、現在に至っているものと思われる。

 

2.2 航法の概要

 

(1)順中逆西の原則
順潮の場合は中水道を、逆潮の場合は西水道を航行すること。このため、5ヶ所の潮流信号所が設置されている。

 

(2)転流時の特例
中水道または西水道を航行中に転流があった場合は、引き続き当該水道を航行することができること。

 

(3)来島の瀬戸航行船の特例
来島の瀬戸(小島と波止浜との間の水道)を航行する船舶は、順潮の場合であっても、西水道を航行できること。

 

(4)巨大船等の航行
巨大船等は昼間の憩流時または弱順潮時に中水道を航行すること。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
665位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
16,603

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.「輻輳海域における海上安全制度についての調査研究」の報告書
2.沿岸域環境保全リスク情報マップ整備の促進調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から