日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

危険物輸送国連対応委員会「危険物の国際基準策定に関する調査研究」報告書

 事業名 危険物の国際基準策定に関する調査研究
 団体名 日本海事検定協会 注目度注目度5


 

国連危険物輸送専門家委員会

第12回小委員会議事概要報告

 

1 会期、参加国等

1.1 会期及び開催場所

平成8(1996)年7月1日〜12日

於:国連欧州本部(Palais des Nations:ジュネーブ)

1.2  参加国等

1.2.1 国及び機関

(1) 委員国 : アルゼンチン、ベルギー、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、 イタリー、インド、 日本、メキシコ、 モロッコ、 オランダ、ノールウェイ、ポーランド、ロシア連邦、スウェーデン、英国及び米国

(2) オブザーバー国 : アルジェリア、 オーストリア、 オーストラリア、 フィンランド、ナイジェリア、ニュージーランド、 ポルトガル、 南アフリカ、 スペイン、 スイス、ウクライナ及びベネズエラ

(3) 国連機関及び政府間機関 : ILO、IMO、OCTI、UNEP、EC、WHO及びOECD

(4) 民間国際機関: ISO、CEFIC、HMAC、ICDR、 EIGA、EPTA/TCA、IRU、CEPE,SEFEL及びIATA

1.2.2 わが国からの参加者

田 村 昌三(東京大学教授)

下 貞 孟(日本化学工業協会)

八十川欣勇(国連危険物輸送専門家委員会委員、 日本海事検定協会)

 

2 議題の採択及び議長等の選出

2.1 議題の採択

第12回会合の予定議題(ST/SG/AC.10/C.3/23)は、 無修正で採択された。

2.2 議長等の選出

第18回委員会(1994年12月)会合において L. Grainger氏(英国)及び J. Monteith氏(カナダ)がそれぞれ議長及び副議長に選出されている。

 

3.第12章及複合輸送用タンク表の見直し

3.1 本議題については、 前回からの継続で作業部会(PTWG)が設けられ本会議と並行して検討が行われた。 PTWGは、 本年3月米国アトランタで会期外会合を開催し、その検討結果報告が今回会合に提案(R.741)されている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,459位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
7,371

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.「危険物の国際基準策定に関する調査研究」の報告書
2.品質管理指導書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から