日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

危険物輸送国連対応委員会「危険物の国際基準策定に関する調査研究」報告書

 事業名 危険物の国際基準策定に関する調査研究
 団体名 日本海事検定協会 注目度注目度5


 

IGUSでの検討状況について日本/オランダの共同提案(R.12-20)が出される予 定であるが、 正式提案文書はまだ未入手である。

12.2.3 ドイツは酸化性ガスの定義及び判定基準策定のための試験及び計算方法に関するISO基準の検証を提案している。

 

12.3 可燃性物質類の統一分類基準

12.3.1 引火性液体の上限値については、 11SCMのW/Gにおいて90℃、 93℃又は100℃のいずれかにすることが同意された。 我が国はこの決定について、 引火性液体の統一分類基準の一つとしての引火点の上限値を設けることに反対する趣旨の提案(R.12-20)を行っている。

12.3.2 英国は、 11SCMで議論の対象となったエアゾールの引火性基準について、 W/Gの検討のたたき台的な提案(R.12-19)を行っている。

 

12.4 毒性の統一分類基準

12.4.1 毒性の統一分類基準については、 前回からの継続提案があるのみで、 今回会合に対する提案は現在のところ未入手である。

 

12.5 環境有害性の統一分類

12.5.1 国連勧告第10章に環境有害性物質に関する特別規定を新設するとする英国提案(R.664)に対してアルゼンチンが修正意見を提案(R.707)している。

オランダは、 環境有害性の統一分類策定に関する原則を提案(R.708)している。 第2部会はこれら提案については適宜対応とした。

 

12.6 腐食性、 標札及び危険通報システム並びに有害廃棄物の統一分類

12.6.1 これらの統一分類基準に関する提案文書は、 現在のところ未入手である。

 

13.他の機関との関係及びその他の事項

13.1 他の機関との関係

13.1.1 他の機関との関係については、 IMO, ICAO, IAEA, ILO等における危険物輸送に係わる検討状況が報告されるが、 現時点での関連文書は未入手である。

 

13.2 その他の事項

13.2.1 米国は、 UN/ECEの国際貿易手続簡易化に関する作業部会における危険物書類の記載内容の統一についての勧告に基づく国連勧告第13章の改正を提案(R.12-16)している。 本提案に対し第2部会は賛成することとしている。

 

以 上

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,466位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
7,126

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月21日

関連する他の成果物

1.「危険物の国際基準策定に関する調査研究」の報告書
2.品質管理指導書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から