日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

マラッカ・シンガポール海峡における航行安全と環境保全の向上に関するシンポジウム報告書

 事業名 マ・シ海峡の航行安全対策等の費用対効果と費用負担に関する調査
 団体名 運輸総合研究所 注目度注目度5


資料1-2 MIMAダトー・チェア所長の冒頭挨拶
(仮訳)
「マラッカ・シンガポール海峡における航行安全と環境保護の向上に関するシンポジウム」
MIMA会長の冒頭挨拶
2007年3月13-14日、日航ホテル
 
著名な発言者と参加者の皆様、
皆様、
 
 本地域の非常に重要な関心事、即ち、世界の最重要航路−マラッカ・シンガポール海峡における航行安全と環境保護の向上について、御列席の皆様方に開会の辞を述べますことは私の非常な喜びであります。
 
 このシンポジウムは研究機関によって非政府間(track-two)レベルでの開催であり、研究機関での議論には禁止事項や制約事項は全くないため、幅広い自由な討議が行われるものと思います。
 
皆様、
 
 マラッカ・シンガポール海峡は太古から現在の形で存在していたわけではありません。もし、約8,000年前に海水面が上昇した後、現在の海水面まで後退しなかったら、現在のマラッカ海峡は渓谷か大きな湖になっていたと思われます。
 
 昔この地域は、海峡の両側を支配する単一の政権下にありました。9世紀にはスリ・ビジャヤ帝国、16世紀にはマラッカ・スルタン国、19世紀初頭にはジョホール・リアウ帝国の支配下にありました。
 
 その後この地域は政治的に分割されたので、当海峡の安寧と持続可能性のためには、海峡沿岸国の協力が極めて重要です。
 
 国連海洋法条約(UNCLOS)第43条は、世界の海洋を統治する最も重要な文書を纏め上げるための10年に渉る交渉の精神と意図を、次のように明確に示しています。「海峡利用国お及び海峡沿岸国は、合意により、航行援助施設及び海峡の環境保全の確立、維持に協力しなければならない」。
 
皆様、
 
 我々が直面している重要な問題は当海峡の航行安全と環境保全の向上です。これは真に当を得たことです。なぜなら、海運、漁業、海洋レクリエーション及び観光開発にとって、また、天然資源、生物の多様性、生命維持システムの宝庫として、当海峡の持続可能な発展は、それを管理する我々の能力にかかっているからです。
 
 当海峡を利用する海上交通量の増加は実に驚異的なものと予想され、適切な管理が行わなければ地域の破局、ついには世界の破局となるでしょう。当海峡でエクソン・バルディス号の油流出規模の事故が一回でも発生すれば、海上輸送は停止し、海峡の多様な生物は壊滅し、漁業や海洋観光産業に有害な影響を与えるでしょう。
 
 こうした理由により沿岸国は、当海峡の航行安全と環境保全を確保するため、単独で、二国間で、多国間で、また場合によっては国際海事機関(IMO)と協力して、幾つかのイニシアティブを実施しています。その中で顕著なものは次のとおりです。
 
−灯浮標の設置
−船舶航行システム(VTS)の構築
−船舶自動識別装置(AIS)
−当海峡における油流出に対する防除計画及び施設
−分離通航方式(TSS)
−マラッカ海峡の共同水路調査
−海洋電子ハイウェイ(MEH)
 
 当海峡の環境保全を向上するためのマレーシアの努力の中で、以下を含めた幾つかのプロジェクトが実施されています。
 
−マングローブの再植林
−当海峡における不測の油流出事故への対応計画
−バヤ島海洋公園(Marine Park of Pulau Payar)の開発
−第9次マレーシア計画に基づく総合的海岸線管理計画の開発
 
 マレーシアは、このようなインフラ施設を建設するため過去10年間に10億米ドル以上を支出しており、また、これら施設の維持のため引き続き多額の資金を毎年支出する予定です。
 
皆様、
 
 他の沿岸諸国とともにマレーシアは、UNCLOS第43条の字義及び精神に対する責任を果たすための努力をしてきています。
 
 しかし、海峡利用国やその他の利用者は、まったくもって、この貴任が果たされてきていません。
 
 この目的のために、日本がマラッカ海峡回転資金やマラッカ海峡協議会を通じて、当海峡の航行援助施設及び環境保全の設置と維持に関して沿岸国を支援するため自発的に貢献をしていることは、賞賛されるべきであります。
 
 中国と米国が、2006年のクアラ・ルンプール会議で表明された沿岸国の計画を支援するというコミットメントを示したことを、私は嬉しく思います。
 
 過去30年に渉って提唱されてきた自発的貢献には大きな欠陥があります。貢献を求める沿岸国の要求はいつも無視されました。現実は「無償で得られるものに誰が支払いを望むか」ということです。
 
 海運会社及びその他の利用者は、当海峡の航行と環境保全の向上のために使用される基金を創設するため、自発的か否かを問わず、貢献を行うべきです。
 
皆様、
 
 マレーシア海事研究所(MIMA)は、この基金の構築と管理のための方法を立案する用意があります。
 
 当海峡を通る交通量が増えているため、航行安全と環境保護に対するリスクが増大している事態を考えると、当海峡の航行安全の確保のための沿岸国及び海峡利用国の協力の取り組みを実現させるためのニーズは急を要していると言えます。
 
 一日半の本シンポジウムで行われる討議は、我々が直面している問題の解決への取り組みに非常に貢献するものと確信しています。
 
 皆様、ご清聴どうも有難うございました。
 
Opening Remarks by the Chairman of MIMA
On
The Symposium Enhancing the Safety of the Navigation and Environment Protection of the Straits of Malacca and Singapore
Nikko Hotel, 13 - 14 March 2007
 
Distinguished Speakers and Participants,
Ladies and Gentlemen,
 
 I am very pleased to deliver these opening remarks to such a distinguished audience on a topic of great importance and concern in the region, i.e. the enhancement of navigational safety and environmental protection in the world's most important seaway - the Straits of Malacca and Singapore.
 
 This symposium organized by research institutions at the track-two level would allow for more leeway in discussions as there will be no inhibitions and no constraint for the Research Institutes in their deliberations.
 
Ladies and Gentlemen,
 
 The Straits of Malacca and Singapore has not always existed in its present form. Had it not been for the level of the sea rising some 8,000 years ago and then receding to its present level there would be a valley or a large lake in the present Straits of Malacca.
 
 This region in the earlier days was under one political entity or another, ruling both sides of the Straits: the Sri Vijaya Empire in the 9th century, Malacca Sultanate in the 16th century and the Johore-Riau Empire in the early 19th Century.
 
 The region has since been politically divided and therefore cooperation of the states bordering the Straits is crucial for the well being and sustainability of the Strait.
 
 Article 43 of the UNCLOS clearly outlined the spirit and intent of the 10 years of negotiation towards the achievement of the most important document to govern the world oceans. "User states and States bordering the Straits should by agreement cooperate in the establishment and maintenance of navigational aids and environmental protection in the straits".
 
Ladies and Gentlemen,
 
 The important question before us is the enhancement of the safety of navigation and environmental protection of the Straits. This is clearly pertinent as the sustainable development of the straits for shipping traffic, for fishing, for marine recreation and for tourism development and as a storehouse for natural resources, biodiversity and life support system depends on our ability to manage it.
 
 The projected increase in the shipping traffic through the straits is truly phenomenal and if not properly managed will spell catastrophe for the region and eventually the world. One accident the size of the Exxon Valdez in the straits will bring shipping traffic to a standstill, destroy the biodiversity in the straits, and affect adversely the fishing and marine tourism industry.
 
 For this reason the littoral states have unilaterally, bilaterally, multilaterally and in some cases in cooperation with IMO instituted several initiatives to ensure safety of navigation and environmental protection in the straits. Notable among these are:
 
- the provision of light buoys,
- the development of the VTS (Vessel Traffic System),
- Automatic Identification System (AIS)
- mitigation plans and the facilities for oil spill in the Straits.
- Traffic Separation Scheme (TSS)
- joint survey of the Straits of Malacca,
- The Marine Electronic Highway (MEH)
 
 In Malaysia's efforts to enhance environmental protection of the Straits, several projects have been instituted including:-
 
- replanting mangroves
- oil spill contingency plans for the Straits
- development of Marine Park of Pulau Payar
- development of an Integrated Shoreline Management Plan under the 9th Malaysia Plan
 
 Malaysia has spent more than US$ 1 billion in the last 10 years to build these infrastructures and will continuously spend large sum of money annually to maintain them.
 
Ladies and Gentlemen,
 
 Together with the other littoral states Malaysia has endeavored to meet her responsibility to the letter and spirit of UNCLOS Art. 43.
 
 However this has certainly not been met by the User states and other users of the Straits.
 
 Towards this end, Japan should be commended for their voluntary contributions to support littoral states in the provision and maintenance of navaids and environmental protection of the straits through the Malacca Straits Revolving Fund and the Malacca Straits Council.
 
 I am glad to note that China and the US have indicated their commitment to support the littoral States initiative as outlined by the KL Meeting 2006.
 
 Voluntary contribution as has been advocated over the last 30 years has major flaws. The littoral states quest for it has constantly fallen on deaf ears. The fact remains "who wants to pay for something they can have for free".
 
 Shipping companies and other users should make contributions, voluntary or otherwise for a creation of a fund which could be used for the enhancement of Navigation and Environmental Protection of the Straits.
 
Ladies and Gentlemen,
 
 MIMA will be willing to develop the modality towards the development and management of this fund.
 
 In view of the increased risk on the safety of navigation and environmental protection as a result of increased traffic through the Straits, therefore there is an urgent need towards realization of the cooperative efforts between the littoral states and Users of the Straits towards making the Straits safe for navigation.
 
 I am confident that discussion during this one and half day Symposium would contribute significantly towards addressing the issues before us.
 
 Ladies and gentlemen, I thank you for your attention.


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,281位
(32,376成果物中)

成果物アクセス数
3,396

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年6月27日

関連する他の成果物

1.マ・シ海峡の航行安全対策等の費用対効果と費用負担に関する調査報告書
2.自立支援時代における効果的な保健福祉サービスのあり方に関する研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から