日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 国防.軍事 > 成果物情報

海事の国際的動向に関する調査研究事業報告書(海上安全)

 事業名 海事の国際的動向に関する調査研究
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


シンガポールにおける小型船舶動静把握システム
IR06-4-4
日海防 企画国際部 国際室長 河野
 
HARTSとは?
 
HARBOUR CRAFT TRANSPONDER SYSTEM
 
 シンガポール海事港湾庁(MPA: Maritime and Port Authority of Singapore)が、警察及び海軍と共同で行なう小型船に対する船舶動静把握システム
 
HARTS導入の背景
 
・2002年10月、イエメン沖で発生した原油タンカーに対する小型船による自爆テロ
・2004年7月、ISPSコード発効・導入
 
HARTSの目的
 
・シンガポール港湾水域におけるセキュリティー対策が主目的
・ISPSコードの対象となっていない小型船舶を識別し、その動静を把握する。
 
HARTSの運用スケジュール
 
・2006年5月末を期限に、政府がトランスポンダーの費用を負担
・2006年12月末を期限として、現存小型船に対してトランスポンダーの搭載を法律で義務化(罰則で担保)
・2007年1月1日より、システム運用開始
 
HARTSの対象は?
 
【対象船舶】
 ISPSコードの対象船舶(500トン以上の国際航行船舶)以外の船舶で、AISを搭載していない港湾航行船舶及びプレジャーボート
 
【対象海域】
 シンガポールの港湾水域内
 
HARTSの対象船舶隻数
 
・約3,000隻が対象
 
 
HARTSの使用にあたっての制約事項
 
・トランスポンダーのスイッチは、停泊時を除きON
・トランスポンダー故障時の通報義務
・船舶所有者変更時における通報義務
・パニックボタンの乱用禁止
 
HARTSのシステムについて
 
・トランスポンダー
・データ送信ネットワークシステム
・コントロールセンター
 
HARTSの全体構成


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,082位
(31,548成果物中)

成果物アクセス数
8,868

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月9日

関連する他の成果物

1.海事の国際的動向に関する調査研究?海洋汚染防止関係?事業報告書
2.北方4島「ビザなし交流」専門船の建造と活用法に関する提言
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から