日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うらやましいつがね

 事業名 <郷土学>津金学の新構築−「結い」から生まれる地域文化と再生活用実学
 団体名 文化資源活用協会 注目度注目度1


空家修復ワークショップ(1)
なかやを直す意味
長い時間毎日、火を焚いた囲炉裏でさえ、人が消えれば自然に飲み込まれていく。
 
*古民家「なかや」の特徴
◎厩が残る◎かまどもある◎囲炉裏もある◎茅葺屋根が残る時間の流れを彷佛とさせる「なかや」
 
 誰も住まなくなった家は、こうも荒れ果ててしまうのかと思うほど「なかや」は凄まじいものでした。
 傾いた扉から、家に入ると囲炉裏から生える竹、傾く床、下がる屋根に誰もが驚かされました。現実的には途方もない修復です。
 しかし、人間の想像力は、不思議です。
 「直したらかまどがつかえる、この部屋は囲炉裏を直して使えばいいなあ。古い民具を入れればいい雰囲気の農家レストランでもできるかな。」
 新しいものと古いものを盛り込んで、これからの「なかや」の未来のイメージを描くことができます。
 一方で、現場を積んだプロの技と知恵が必要でした。
 多くの人手が揃ってこそ可能な作業もありました。そして、修復のヒントは、そこに暮らす住民しか知らない土地の特徴にありました。
 つまり、ここを直すには、外の人の「力」と、中の人の「知恵」が必要だったのです。この家をほどき新しく組み立て活用していく共同作業こそ「なかや」を直す意味なのだと気づきました。
 
なかやから出てきたもの
(拡大画面:122KB)


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,022位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
3,893

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.10周年記念誌「被害者支援 10年のあゆみ」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から