日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うらやましいつがね

 事業名 <郷土学>津金学の新構築−「結い」から生まれる地域文化と再生活用実学
 団体名 文化資源活用協会 注目度注目度1


空家の中にあるうらやましい未来
 
 うらやましい「つがね」は空家を拠点に「つがね」の風土、地域資源を交流によって学び、「つがね」の生き方を循環型に再生する取組みです。
新住民と共存していく地域つくり
 現在、北杜市須玉町津金地区は高齢化が進んでいます。私達の集落は10年後にはどのように変わっているでしょう。70歳の人は80歳、80歳の人は90歳になります。
 自分の周りを想像すると後継者は帰っているだろうか、近所隣は、隣保組は、区は維持できるだろうか。ある隣保組では昔は10軒住んでいたのに3軒しか住んでいません。このような現状を考えると、これまでは平和な集落であって新住民を敬遠しがちでしたが、これからは新住民も受け入れ仲良く共存してゆかなければなりません。それには津金の風土や文化を知っていただきお互いが理解し合う事が大事だと考えます。私達のNPO法人文化資源活用協会では古民家の復元を、空家対策の一環として取り組みました。倒壊寸前の古民家を日本財団「郷土学」助成金をいただき、地域に伝わる「結い」を活かし地元の方々と学生ボランティアの人達と考えながら復元しています。新年度も継続事業を実施し、完成した後には田舎暮らしを伝える拠点にしたいと考えています。
特定非営利活動法人 文化資源活用協会
 
■なぜ空家なのか?
 津金で郵便やさんを40年やりました。
 便りのないポストがどんどん増えるのはやっぱりさみしいもんでね。
 
 空家は空(から)のようでも「思い出」という埋蔵資源が詰まっている。
 古いものが今の時代にヒントをくれる。


目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,025位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
3,896

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.10周年記念誌「被害者支援 10年のあゆみ」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から