日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

無人島漂流者の話

 事業名 海と船の企画展
 団体名 中部海事広報協会 注目度注目度5


「新居書留帳(あらいかきとめちょう)」発刊のことばより
 海辺と街道のまち新居。そこに住む人々の様子は、万葉(まんよう)の昔から鎌倉・室町・江戸と、各時代を通じて多くの手により書き記されている。浜名川の一掬(いっきく)の砂に似て、寡黙(かもく)に、しかしたゆまず生き続けた新居郷(ごう)、その里人(さとびと)の姿を、この後にまで語り継ぎ、書き残したい。
 「新居書留帳」は、江戸時代新居宿の記録「諸事控(しょじひかえ)」を受け継ぎ、明治以降現在まで続けられた聞き書きや語り伝えを、住民の手により掘り起こす目的で発足した。われわれはこれら先人の仕事に、さらに変転きわまりない現代の諸相を継ぎ足していく。
 自らの姿を知ることを通して未来を開く足掛かりとするこのささやかな事業に、一人でも多くの人が参加し、力を揮われん(ふるわれん)ことを願う。
昭和六十一年(一九八六)八月
 
新居書留帳(あらいかきとめちょう) 第四集
遠州新居 無人島漂流者の話
織田作之助「漂流」(復刻)と解説(山ロ幸洋)
 
地域の暮らしを記録する会
 
鳥島の姿(地形・地名は現在のもの)
 
南方から見た鳥島
 
鳥島東南端燕崎のアホウドリのコロニー
 
写真 平成5年・15年長谷川博氏撮影
 
 
■遠州新居船「鹿丸」の航跡
享保3年(一七一八)11月・今切湊出港→江戸→伊豆岩地→三河鷲塚→駿河・清水→伊豆妻良→下田→江戸→荒浜→銚子→宮古→気仙沼→石巻小竹浦
享保4年11月・九十九里浜沖で難船
享保5年1月・鳥島漂着
 
■3人の帰還
元文4年(一七三九)
4月27日・鳥島離脱
6月2日・将軍吉宗が謁見
6月24日・新居へ帰還


目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
635位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
17,537

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.無人島漂流記-アホウドリの島で過ごした21年-
2.無人島漂流記-アホウドリの島で過ごした21年- 記録写真
3.紙芝居の伝承と発展
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から