日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 地球科学.地学.地質学 > 成果物情報

海と安全No.526(秋号)「地球温暖化・大気汚染と海」

 事業名 海難防止情報誌の発行・配布
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


海と安全No.526(秋号)
「地球温暖化・大気汚染と海」
 
目次
対談:地球温暖化・大気汚染の影響と克服への課題/
全国地球温暖化防止活動推進センター・高木宏明 聞き手・増田正司
温室効果ガスと地球温暖化/気象庁・前田緑朗
地球温暖化や船舶の排ガスへの国際動向と日本の取り組み/
国土交通省・小滝 晃
東京港における停泊中の船舶への大気汚染対策/
東京都・藤田昌廣
航路標識のクリーンエネルギー化に向けた取り組み/
海上保安庁交通部
RORO船「ひまわり6」にみる排ガスへの対策/
会社と乗組員に聞く
環境対応型電気推進船の普及促進/
鉄道・運輸機構技術支援部
水を混ぜたエマルジョン燃料で低公害化めざす/
湘南工科大学・森棟隆昭
海水電気分解スクラバー法による処理装置の性能試験/
神戸大学・西田修身
活性炭素繊維を用いる低温脱硝システムの開発/
三菱重工業・安武昭典
船舶の環境対応技術の将来と課題/
海洋政策研究財団・華山伸一
 
特集以外の記事
付表 環境への国際規制の流れ/
海守便り 地方での講習会に参加を!/海守事務局
レーダーエリア拡大とAISでの情報提供/備讃瀬戸海上交通センター
海の気象 インターネットを通じた船舶向け海上気象情報の提供/
気象庁・藤本敏文
海保だより 居眠り海難の防止に向けて/海上保安庁交通部
日本海難防止協会のうごき
船舶海難の発生状況/海上保安庁提供
主な海難/海上保安庁提供
編集レーダー
 
 
この成果物は、PDF形式でも作成されています。ご覧になるためにはあらかじめAcrobat Readerが必要です。「Get ADOBE READER」ボタンをクリックして無料のAcrobat Readerを入手する手順をご確認下さい。
 
 
 
 





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
5,933位
(30,551成果物中)

成果物アクセス数
485

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月23日

関連する他の成果物

1.海と安全No.525(夏号)「台風による船舶海難を防げ!」
2.海と安全No.527(冬号)「海の難所」
3.海と安全No.528(春号)「海に関する日本の国際支援」
4.2004年度 海辺の漂着物調査 報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から